戦艦大和が沈んだ日に起きた奇跡【本当にあった凄い話】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

みなさん、お仕事お疲れ様です。

僕も経った今帰宅しました。

 

本日は短い話を一つ。

奇跡の様な出来事をしちゃいますので、お付き合い下さい。

スポンサーリンク



戦艦大和が沈んだ日に起きた奇跡【本当にあった凄い話】

前に軽く話した事がありますが、僕の母方の爺さんは戦艦大和のの乗り組み員でした。

 

 

本日は大和が沈んで、僕のお爺さんが奇跡的に助かった日なのです。

(母親からさっき聞かされました)

つまり、今日と言う日がなければ僕は産まれてない事になるんですよね。

そんな奇跡的な日である今日。

 

そんな今日、僕のイトコに子供が産まれました。

イトコは母親の弟の子供です。

 

つまり、同じお爺さんをもつイトコです。

 

そんなイトコが子供を産んだ日が、爺さんが助かった日なのです。

 

これは運命的なものを感じますね。

ちなみに、名前を大和にしようか悩んでいるそうです。

 

 

って事で、暗い世の中ですけど一筋の明るいお話でした(^_-)-☆

 

以上DOSケンダラァでした( *´艸`)

 

スポンサーリンク