日焼けサロンで焼かない方が良い意外な場所を紹介【将来困らない為に】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

現在、夏まっしぐらですね。

夏と言えば【男は黒い肌】になって夏を楽しみたいものです。

 

そんな事もあり、僕は毎年日焼けサロンを利用しています。

先日も今年初めての日焼けサロンに行ってきて、ベースを作ってきました。

 

そんな日焼けサロン。

みんな気にせずにガンガン焼いているけれども、実は焼かない方が良い場所があるのです。

皆が焼いているけど焼かない方が良い場所。

それは頭皮です。

その理由と対処法を説明していきますね(^^)/

 

 

眼球も焼いてはイケませんが、それは常識なので、割愛しますよ。

目を開けて焼いてはいけません

 

スポンサーリンク



日焼けサロンで焼かない方が良い意外な場所を紹介【将来困らない為に】

頭皮は焼かない方が良いです。

その理由は簡単です。

頭皮を日焼けしていると、禿げやすくなってしまうからです。

 

 

頭皮のダメ―ジは深刻です。

一回の日焼けで、いきなり禿げる事はありませんが、ダメージの蓄積と言うのは馬鹿になりません。

日焼けサロンで毎回頭皮を焼きまくっていると、自然に禿げていく可能性がアップしてしまいます。

 

 

男なら、少しでも薄毛のリスクは減らしたいですよね。

なので頭皮を焼くのは避けましょう。

 

また、禿げなかったとしても頭皮を焼くと皮がめくれてフケの原因になったり、日焼けがメラニンを破壊して色が落ちたりもします。

つまり頭皮にも髪にも百害あって一利なし。

 

これは日サロに限った事でなく、外でのガチ太陽でも同じことです。

頭皮を守りましょう。

スポンサーリンク



日焼けサロンで頭皮を焼かないようにする方法

日焼けサロンで頭皮を焼かないようにする方法は簡単です。

タオルを頭に巻いておけばオッケーです。

 

(ただ、タオルを巻く時に気を付けてまかないと、オデコの一部分だけ焼けなくて、オデコに一直線のさかえ目が出来てしまうので、なるべく上の方。

髪の毛が生えている所から巻かないといけません。ギャグマシーンになってしまいます)

 

また、寝るタイプの日焼けマシーンの場合はタオルを枕代わりにして焼けばオッケーです(^^)/

 

 

タオルだと巻くのが面倒だと言う人は、薄手のニット帽を被って焼くのも有効です。

(厚手だと頭の中が蒸れて、それはそれで頭皮に悪いです)

 

また薄手と言っても、隙間があって、透けているようなものも当然駄目ですよw

 

そしてニット帽を被る時も、オデコに境目が出来ないように注意しましょう。

ギャグマシーンになってしまいます。

 

以上日焼けサロンで焼かない方が良い意外な場所でした。

 

ちなみに僕はパンツも履いて焼いています。

 

詳しくはこちらをどうぞ👇

日焼けサロンは裸で焼くものなのか?パンツは履かないのか?その疑問に答える

 

 

その他の日焼けの記事もどうぞ👇

夏に日焼けサロンへ行く意味はあるのか?理由を四つお答えします

日焼けサロンに初めて行く人へ【タンニングの注意点を8つ、ガチで紹介】

 

以上DOSケンダラァでした( *´艸`)

スポンサーリンク