本当にあった笑える話【ファミレスで輩に絡まれたけど、こっちも輩だった件3】

ま! DOSケンダラァーです!

本日も本当にあった笑える話シリーズの投稿っ!!

 

ファミレスで輩に絡まれた話の続きになりますっ!!!

絡まれたけどさ、こっちも輩なのだw

 

この話をまだ見た事が無い人は最初から見て下さいネw

本当にあった笑える話【ファミレスで輩に絡まれたけど、こっちも輩だった件】

スポンサーリンク



 

本当にあった笑える話【ファミレスで輩に絡まれたけど、こっちも輩だった件3】

 

前回までの超簡単なあらすじ

ガストのレジで店員に偉そうに叫ぶ輩。

輩は勘違いをして、僕の肩を叩いてきたので、そこでブチ切れてしまったのですw

 

あ!?

 

と、凄んでくるオッサンの輩。

 

「あ!? じゃねーわ! お前が投げた鞄が、俺の連れに当たってんだろうが!! まずは謝らんかい!!!」

 

 

もうどうにでもなれ状態です(笑)

こうなった時の僕は強烈です。

 

 

僕が怒って叫ぶと、突然ロン毛がオッサンの輩の胸倉をつかんだのです!!

 

「お前!! なにオ↑レに鞄ぶつけてんだぁ!?」

 

オ↑レ(笑)

ロン毛はオッサンをグラグラと揺さぶります。

凄い揺らし方です。

 

 

すげーなコイツww

 

「あ、あぁ」

 

オッサンは突然のロン毛のキレっぷりに若干引いている様子。

 

「あぁじゃねーんだよぉ!!!」

 

ってか、なぜこいつは急にキレたんだw

さっき鞄ぶつけられた時には何も言わなかったのに、時差!?

 

「分かった分かった。もう良いわ」

 

そう輩は言い残し、ガストから去っていきました。

 

 

ガスト内の俺らに対する視聴率は全盛期のドリフを超える程だったそうです。

 

恥ずかしい。

 

早くレジをして帰ろう。

 

レジが終わった後、ミスターポポに似ている店員に

「先ほどは、ありがとうございました」とお礼を言われました。

 

 

俺らは駐車場を出ると、車に乗り込みました。

まだ話をしたいと言う事で、僕の車にロン毛が乗り込んできました。

 

 

「なぁロン毛。なんでオマエ自信が鞄をぶつけられた時には怒らなかったのに、時間差でキレたんだ!? 時限爆弾かオマエは!?」

 

「あぁ、あのオッサンさぁ、明らかにチンピラみたいな出で立ちだったからさ。最初はキレたらヤバイと思ったんだよ。だけどドスケンがお構いなしに怒ってるから、ここはオ↑レも行っとかないとと思ったんだよ」

 

オ↑レ(笑)

 

「変な奴だなオマエw」

 

「オ↑レは変じゃねぇよw」

オ↑レ(笑)

 

でも、なんだかんだ、こういう時に一緒に勢いよく言ってくれる連れってのは良いものです。

(若い頃はねw)

 

 

実際に強い弱いは関係なく、ハッタリでも良いので勢いよく言えるヤツな方が良いのです。

マジで実際に言える奴なんて、ほぼ居ないですからね!

 

ベアーのように、肝心な時に石化して全く役に立たないヤツばかりですw

(若い頃の話ですよw)

 

 

ここで終わると思うでしょう?

 

この話には続きがあるのです。

 

って事で続く。

 

 

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!