爆笑の渦を巻き起こす長編の面白い話【究極の悪ふざけ2完璧な作戦】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は爆笑の渦を巻き起こす面白い話シリーズの投稿になります。

究極の悪ふざけの続きになります。

 

前回の話を見ていない方はこちらを先にどうぞ↓

爆笑の渦を巻き起こす面白い話を長編でどうぞ【究極の悪ふざけ】

 

それではどうぞっ!

スポンサーリンク



爆笑の渦を巻き起こす長編の面白い話【究極の悪ふざけ2完璧な作戦】

ドン・キホーテで購入した大きなラジコンを持ち帰り、ゴボウと遊びます。

 

ウィーン!!

 

はやっ!!

流石高いラジコン。動きが早いです。

 

パンっ!!

いてーっ!

「なんだよこの攻撃法!ww ロケットパンチ!?w」

 

「めっちゃ面白いなこのラジコン!」

 

「これでオイモを攻撃出来るなんて、面白すぎるだろww」

 

二人でラジコンで遊びながら、オイモのドッキリ作戦を考えます。

 

オイモドッキリ作戦はこうです。

作戦は軍師である私が考えました。

 

①明日の朝、ドスケンが金山駅にオイモを迎えに行く

➁ゴボウはドスケンの部屋に待機。DJブースの裏側にラジコンと共に隠れる

(当時音楽をやっていたのでDJブースが部屋にあったのです)

③ドスケンが部屋に着く直前、ゴボウにワン切りして伝える

④部屋に入り、ラジコンで狙いやすい位置にオイモを座らせる

⑤ラジコンで急襲

 

 

「完璧だ!! 完璧すぎるぜドスケン!! いよっ!!」

 

現場の将軍であるゴボウは嬉しそうに軍師の作戦を褒めたたえました。

二人で想像し、爆笑しながら眠りにつきました。

 

次の日の朝。作戦決行の日

朝早くからゴボウはラジコンを動かす練習を何度も何度も繰り返し、数時間後には完璧なヒットマンになりました。

僕も何度も何度もオイモをハメるシュミレーションをします。

 

 

二人共恐ろしいばかりの集中力です。

こんな時だけ最大限に力を発揮します。

 

 

リンリンリン!!

突然、僕の携帯が鳴り響きました。

 

 

オイモだ!!

 

「おい、オイモから電話がかかってきたぞ!」

「何ィ! はやくでるんだ! 飛んで火にいる夏の虫とはこの事よ!」

 

僕は軽快に電話に出ました。

 

「おいドスケン! もうすぐ金山駅に到着するぞ!!」

「ふん。どうりで臭いと思ってたんだ。予定より早いな!」

 

「俺の匂いがそんな所まで!? 早い方が良いだろ? 待ちきれないかと思ってな」

「くしゃーいっ!!」

 

僕は電話を切りました。

 

「おい、あの鼻の穴。もう金山に着くらしいぞ」

 

「あのアルティメットノーズホール! なんで予定より早いんだよ!!」

 

 

 

ゴボウはラジコンを手に抱え、そそくさと隠れ出しました。

 

「おい、まだ隠れるの早いだろうがw 往復で20分はかかるぞ。まだ休んでろよ」

 

「確かになw 早く攻撃したいぜっ!!」

 

うふふふふ。

あははははは。

 

人をハメる前と言うのは愉快な気持ちになるもんだ。

僕はヤンキースのキャップを被り、外に出て深呼吸をしました。

 

うーん、まぶしい太陽だ。

 

まるで僕たちを応援しているようです。

 

続きます。

 

書きました!続きはこちら↓

爆笑の渦を巻き起こす長編の面白い話【究極の悪ふざけ3獲物が来た】

 

長編の面白い話、笑える話のまとめはコチラからどうぞ↓

長編の面白い話、笑える話のまとめ【全部実話の超絶エピソード集】

 

また明日も見て下さいネ(^^)/

 

スポンサーリンク