腕の血管がバキバキに浮き出る最強の筋トレ方法を教えます【厳選種目】

ま! ギャハハメモのドスケンです。

貴方は筋トレをしていますか?

僕はしています。

 

筋トレをしていると、よく聞かれる事があります。

「腕の血管をバキバキにするには、どうすれば良いの?」

と。

 

僕は大して意識はしていませんでしたが、気が付けば血管バキバキの腕になっていました(笑)

 

 

このように!!

 

意外と血管好きな女子も多いって事で、今回は腕の血管バキバキになる筋トレメニューと方法をお教えします!!

 

 

ちなみに、何でこんな場所で写真撮ってんだ?

と聞かれますが、それは僕の頭がおかしいからです。

良いですか!?

 

では行きます!

 

刮目ぅ!

スポンサーリンク



腕の血管がバキバキに浮き出る最強の筋トレ方法を教えます。

いきなり凄い事を言うのですが、僕は腕のトレーニングをあまりしていません。

筋トレで重要視しているのは胸と背中であり、その二か所を鍛えていたらいつの間にか腕の血管がバキバキになっていました。

 

特に前腕に効いていると感じるのは背中のトレーニングの日です。

 

トレーニング最中に、明らかに腕(前腕)がパンパンになっている種目がありました。

その種目のおかげで腕の血管がバキバキになったと確信していますので、そのメニューを紹介します。

 

どんな筋トレの種目で腕が血管バキバキになる?

それは背中を鍛える際に、重い重量を下から上に引き上げる動きの種目です。

 

いわゆる、ベントオーバーローイングと言われる種目です。

 

この種目を60キロとか重い重量でやると、半端なく前腕に効いています(本当は背中に効かせる種目なんですが、握力がなくなる程効きます)

 

この動画で教えてくれている方も、握力の負担を減らす為にストラップをしていますね↓

普通にやると、手首周辺に負荷が高い種目と言う証拠です。

 

 

僕の腕の血管は、八割型この種目で浮き出てきてバキバキになったと言っても過言ではないでしょう。

 

他にも、懸垂とか、ワンハンドダンベルロウイングとか、色々な種目で背中を鍛えていますので、それも効いているかも知れません。

 

しかし、圧倒的に効いているのはベントオーバーロウイングです。

なので、腕の血管をバキバキにしたい人は是非背中の種目を頑張るようにし、特にベントオーバーロウイングを行うようにしましょう。

 

前腕のみを鍛えるトレーニングより、背中も鍛えれて効率的です。

 

ちなみに、腕をバキバキにする路線じゃなく、太くする路線ならば胸を鍛えた方が良いです。

胸を鍛える種目は三頭筋とリンクしている事が多く、腕が太くなります。

 

(腕を太くしようと思ってダンベルカールをやる人が居ますが、ダンベルカールは二頭を鍛える種目であり、腕の筋肉は三頭筋が一番大きいのです。もちろん二頭も大事ですが)

 

腕を太くする為の記事はこちら↓

腕を太くする方法【ダンベル?腕立て伏せ?何をすれば良い?】

 

って事で本日は筋トレの記事でした( *´艸`)

また明日も見て下さいネ!!

 

ギャハハメモのDOSケンダラァでした!!

 

スポンサーリンク