レジで千円札が通らなくて焦った話。ま、まさか?【誰にでも起きうる面白い話】

NO IMAGE

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです(^^)/

本日は買い物をした時にレジで千円が通らなかった時の焦った話をしていこうと思います(^^)/

 

それではレッツゴー!

スポンサーリンク



レジで千円札が通らなくて焦った話。ま、まさか?【誰にでも起きうる面白い話】

これは、つい最近の話です。

僕は仕事で使う赤マジック(フタがなくて、ノックするだけの赤ペン)が必要で、百均へ行きました。

 

僕の住んでる地域も毎日コロナが百人近く出ているので、嫌だな嫌だなぁーと稲川淳二の様な気持ちで百均へ向かいました。

まずは近所のダイソーへ向かいました。

百均へ行きたい時、ダイソーへ行く。これ人類の知恵。

 

コロナが蔓延してると言うのに、まぁまぁな人数の人が店内には居ました。

居ると言うより、ひしめき合っていると言った方が正しい感じでした。

いや、蠢いていると言った方が正しいかも知れません。

 

前方から近寄ってくるマスクをしていない浅黒いジジイを軽いフットワークで左右に避けながら、文具コーナーへ向かいます。

 

赤いマジック。

赤いマジック。

シャア専用のマジック。

 

 

ねぇ!!!

 

ドスケンの恐怖の顔

 

ノック式の赤ペンがココにはねぇ!!

こんな危険な思いまでしてきたのに、売ってねぇ!!!

 

僕はさっさと出口へ向かいました。

こんな店に用はねぇ!!

人間切り替えが大事です。

 

帰りにまたもや前方からマスク無の浅黒いジジイがフラフラと漂っていたので、フェイントをかけ、抜き去りました。

 

なんなんだコイツは!!

弾け飛べぃ!!

 

スポンサーリンク



 

仕方なく二件目の百均です。

ガソリン代を考えると、普通にAmazonで注文した方が良かったかも知れません。

安全面でもAmazonに軍配が上がります。

チクショウ。

 

しかし、ここまで来たら行くしかないだろう。

 

二軒目は、レモンだかオレンジだか果物の名前の百均でした。

なぜにフルーツ!? 意味は分かりませんがペンさえあれば良いのです。

 

店内は意外に広く、商品は充実していそうです。

目の前から来る、マスクをしていない巨漢の中年を圧倒的なオーラで横に避けさせ、目的地へ向かいます。

そうです。僕はワンピースで言う所の覇気を使えるのです。

 

文具コーナーに着くと、ノック式の赤ペンが10本ありました。

インク切れの度に来るのは嫌なので、半年くらい来なくて良いように、すべてカゴにぶちこみました。

 

そのまま他にも必要なものをカゴに入れまくり、レジへと急ぎました。

 

レジには結構な人数が並んでいました。仕方なく列に並びます。

 

数分後、僕の後ろにも長蛇の列です。

マジで人気アトラクションさながら。

まるで神龍の様に長い列が出来ています。

 

やっと僕の番になりました。

俺のターンだ!!

 

「2200円です」

 

武藤遊戯の様に意気揚々と千円札を繰り出します。

そう。僕はこの時、三千円しか持って居なかったのです。

小銭も無し。千円札三枚のみの男らしい買い物です。

 

 

すると、ウィーン。

にゅるにゅる。

 

千円札の一枚が戻ってくるのです。

 

店員がシワを伸ばし、再度試みますが、何度やっても千円が戻ってくるのです。

 

後ろには長蛇の列です。

焦る店員。

焦ってないフリをする僕。

 

 

「あの、他に千円ってありませんか?」

 

「ありま千円!」

最近おぼっちゃまくんを毎日見ている僕は、マジでそう言ってしまったのです。

 

 

それからも数回試みますが、千円は戻ってきます。

 

ま、まさか偽札なんじゃねーだろうな!!

よくよく考えると、僕はこの千円をどこでお釣りとして貰ったかを覚えてません。

多分コンビニだろうけど。

 

警察とか呼ばれるんじゃねーだろうな!

面倒なのはゴメンだぜ!

 

とか思っていると、レジの人の先輩らしき人が馳せ参じ、「千円は手入力でいけるよ」

とアドバイス。

 

それにより、事なきを得たのでした。

 

お、おそろしっこー!!!!!

 

ドスケンの恐怖の顔

 

と、意味もなくドキドキしたレジでした。

 

帰りにマスクをしてない巨漢のデブをにらみつけ、店外へ出ました。

 

 

スポンサーリンク