笑える怖い話【イカレてる!隣の車を見た瞬間吹いた】ガチ実話

笑える怖い話を投下します。

どちらかと言うと怖い方が大きいです。

それでは行きます。マジでゾッとしたぜ。

 

スポンサーリンク


笑える怖い話【イカレてる!隣の車を見た瞬間吹いた】

コレは俺が22歳の時の話です。

 

真夜中の名古屋を友人とドライブしていました。

友人はゴボウ。

 

輩具合のとても楽しい男です。

 

俺らはHIPHOPを爆音でかけ、名古屋の道をかっ飛ばしていました。

 

「うぉおお! 最高だなゴボウ!!」

 

「軽自動車なのが悲しくなる所だが、夜道は空いてて気持ち良いな!!!」

 

 

「うるせーよ原付野郎!!この軽自動車に何回も助けられてるだろうが!!」

 

「おい、もっと音量上げろドスケン! 調子あげてくぞ!!」

 

「おう!!!」

 

俺はスピーカーのボリュームを更に上げました。

 

安物の軽自動車のスピーカーは限界を迎え、半分割れていました。

しかし、そんな事は気にしない程俺らはノリノリなのでぇす。

 

隣にイカレた車が現れた

 

俺らは爆音に身を包み、更に名古屋の道を滑走していました。

 

しかし良い子なので赤信号では停まります。

そして長い信号待ち。

 

♪!!! ♪!!! ♪!!!

 

な、なんだこの爆音は?

爆音の俺らの車の外から、もっと凄い爆音が聞こえてくるではありませんか。

 

一体どんな凄まじい音を出してやがんだ?

夜中に迷惑な野郎だな。

 

俺は隣の車を見ました。

 

 

え!?

 

 

 

な、なんだコイツは!?

 

舌を出し、頭を左右にブンブン振りながら、ハンドルをドラムの様に乱打してやがる。

 

頭を振るのは良いとして、なぜ舌を出してやがる!?

 

く、狂ってる!?

 

「お、おいヤバいぞゴボウ。隣の車を見ろ。今すぐだ。今すぐ見ろ」

 

 

「な、なんだコイツは!? 地球の生命とは思えない動きをしてやがるな」

 

「おう、注目されてるからか、激しさは増すばかりだぞ。まるでXジャパンだ」

 

「ってかマジでXジャパンをかけてるんじゃねーか、こいつ? 紅だよ」

 

きゃああああああっ!!!!

舌をさらに出してるゥ!!

 

ひ、ひえっ!!!

 

そして信号は青になりました。

 

隣の狂った男は、このままのノリで発進して行きました。

俺たちはスピーカのボリュームを下げました。

 

世の中にはイカレた人間が沢山居るな。

夜道は気を付けよう。

そう思ったのであった。

 

以上ドスケンでした。

 

 

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!