体罰教師なんてもんじゃない。戦慄の音楽教師の驚異の攻撃方法

NO IMAGE

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

 

最近ニュースで体罰教師の話とか聞きますよね。

今の世の中、すぐにTwitterやラインで動画が拡散されますし、先生は本当にやりにくい世の中だと思います。

あー教師になんてならなくて良かった!

とマジで思いますw(先生、すみません)

 

そんな事を思っていると、自分が中学の時には、とんでもない先生が居たなぁとフト思い出したので、書いていきます(^^)/

 

って事で今日は中学時代の話になります(^^)/

スポンサーリンク



体罰教師なんてもんじゃない。戦慄の音楽教師の驚異の攻撃方法

音楽の先生は気性の荒い先生でした。

まさに芸術は爆発系の先生。

 

長身の女性の先生でした。(170センチくらい)

 

 

その先生は【蚊のカノン】と言う、なんともヘンテコな歌詞の歌を歌わせるのが好きな先生でした。

授業中にマジで何回も歌わされました。

 

あまりにも変な歌詞で、これは先生が作った歌なのだと思っていたら、マジで存在する歌で本気でビビりました。

(ちなみにさっき検索したw)

気になる人は是非ググってみて下さい。

 

 

 

音楽の授業中。

僕はmuscleターミネーターのヤンジュと話をしていました。

 

小声で話していたのに、段々と声が大きくなって超盛り上がってしまうヤンジュ。

 

 

先生がピアノを弾いて、生徒が歌う。

そんなシュチュエーションの時です。

 

 

話していると、先生がピアノを両手でバーンと叩きました。

ピアノ売ってちょうだーい♪

 

 

すると、先生は猛ダッシュでこちらに向かって走ってきました。

 

そして、走りながらヤンジュの髪の毛を掴み、そのまま飛び膝蹴りを顔面に炸裂させてきたのですww

 

 

あまりの攻撃方法に衝撃を受ける僕ら。

 

凄い威力だったと思いますw

 

しかし、ヤンジュは後ろにぐらついただけで倒れる事はありませんでした。

さすがmuscleおばけ。

 

 

そして先生は何も言わずにピアノの方へ戻ると、再び演奏を始めたのです。

 

こ、怖い。

 

今の時代だったら確実に体罰教師と呼ばれていたでしょうw

 

しかし、相手が狂人なヤンジュだったからなのか、特に問題になる事もありませんでした。

 

後にヤンジュはその日の事を思い出して、こう言いました。

 

「なななーん!!」

 

以上DOSケンダラァでした(^^)/

また見てね( ゚Д゚)

 

 

 

ヤンジュの他の話はこちらからどうぞ↓

可愛くて面白い・小学生の頃の笑える話【野良犬の恐怖】

 

まったねー!!

スポンサーリンク