あり得ない話【舐められたくない先輩のサングラス】ガチ実話

あり得ない話を一つ。

ま! ドスケンです。

本日は元不良の先輩について話していきますよ(^^)/

 

年をとっても不良の思考回路は変わらないのか……。

 

スポンサーリンク



あり得ない話【舐められたくない先輩のサングラス】

僕が昔バイトをしていた運搬系の工場には元ヤンの先輩が沢山居ました。

その中の一人にウルフさんと言う人が居ます(仮名のアダナ)

 

ウルフさんは仕事中でも常にサングラスをかけているような男です(笑)

最初見た時ビックリしました。

 

結構薄暗い倉庫とかも行くのにサングラスかけてて見えるのかな…..?

 

イカレてんのかな?w…….と。

 

 

ただ、話してみると凄く優しくて面倒見の良い人でした。

 

舐められたくない先輩のサングラスは何かが変

 

ウルフさんと近距離で話していると、【何かサングラスが変だな】という事に気づきました。

 

何が変かと言うと、所々ハゲているんですよね。表面のコーティングって言うんですか?

 

 

 

あと、なんか気泡みたいなのが入っているんですよね。

 

なぜに気泡!?

 

超熱い車の中とかに置いていて溶けてしまったんかな?

 

とか訳の分からない事を考えてしまいました(笑)

スポンサーリンク



舐められたくない先輩のとった行動が衝撃的

 

ある日、ウルフ先輩と話していると、ヤンキーの高校生の話になりました。

「何年か前さ、コンビニに行った時に駐車場に居た高校生くらいのヤンキーに睨まれたんだよ」

 

「へぇー、たまにそういう高校生って居ますよね。身の程知らずって言うか。まぁ子供だから仕方ないですよね」

 

「いや、俺マジで許せなくてさ。こっちが真面目そうな恰好してるからって舐めてくるヤツは許せないんだよ」

 

ウルフ先輩は興奮しております。

 

 

「まぁ、分からなくもないですね」

 

「その時、普通の眼鏡をかけていたんだけどさ、やっぱ眼鏡って舐められるじゃん?」

 

 

「まぁ僕は眼鏡かけてるからって舐めた事は無いですけど、確かにそうかも知れませんね」

 

 

「だから俺、この眼鏡に自分でスモークを貼ったんだよ」

 

 

スモーク!?

 

 

 

じ、自分でスモーク!?

 

眼鏡にスモークだと!?

 

 

「え、あの車の窓とかに貼るスモークですか?」

 

「そうそう。オートバックスとかに売ってるやつね」

 

 

だから所々剥がれてたり、気泡が入ってんのかよ!!!

 

それサングラスじゃなくて眼鏡にスモーク貼った一品だったのかよぉおおお!!!!

 

 

 

あまりに衝撃すぎて、とても印象に残った会話でした。

 

元ヤンは今でも舐められたくないのでしょうか。

 

僕も舐められたくはないので分かりますけど、スモークは考えつきませんでした(笑)

 

元気かな、ウルフ先輩www

以上ドスケンでした。

 

 

あり得ない話を他にも書いていて、まとめていますので、よろしければどうぞ(^^)/

あり得ない話まとめ!【実話おもしろエピソード集】

 

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!