小学生の頃の面白くて怖い話【ガチでヤバイの召喚しちゃった】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は小学生の頃の面白くて少し怖い話を投稿していきます(^^)/

 

小学生の頃の記憶がまだある僕って凄いですよね。

でもね、面白い話って何回か友達や知り合いに話してるので、いつまでも覚えてるだけなんですよね。

やっぱ人間アウトプットが大切です(^^)/

って事で早速どうぞ!(^^)/

スポンサーリンク



小学生の頃の面白くて怖い話【ガチでヤバイの召喚しちゃった】

その日、俺は友人のヤンジュと遊んでいました。

 

場所は僕の家の庭。

ドッジボール的な事をしていました。

 

「くらえっ!」

バシーン!

 

「なーん!」

バシーン!

 

二人はボールをぶつけ合っていました。

 

近くに公園があるのに、なぜ狭い庭でドッジボールをしていたのか全く思い出せません。

しかし二人は楽しそうにボールをぶつけあっていました(笑)

多分、頭がおかしかったのだと思いますw

 

 

バチーン!

バシーン!

「なーん! なーん!」

ヤンジュはとても楽しそうです。

ターミネーターみたいな身体を存分に動かして、嬉しさを表現しています。

 

 

僕も本気でボールを投げ、楽しんでいました。

 

しかし、子供はスグに激しさに慣れてしまうのです。

 

「もっと面白い事しよーぜ?」

「なーん! そうしよう!」

 

僕はバケツを手にとり、キャッチャーの様に構えました。

「この中に入れろ! ヤンジュ!」

「なーん!」

ヤンジュがボールを強く投げてきました。

 

ズドーン!

バケツに見事に命中!凄まじい音がしました。

 

「なーん!」

ヤンジュは嬉しそーに叫びましたw

 

僕は楽しくなってきて、ボールを再びヤンジュに投げました。

「ななななーん!」

 

バチーン!

バチーン!

ギャハハハハハ!

何が楽しいのか、僕らはバケツでボールをキャッチし続けたのですw

 

 

「こい! ヤンジュ!」

僕は叫びながら、激しくバケツを構えました

「ななななーん!」

ヤンジュは今日1番の球を投げてきた!!

 

「うぉおおおー!」

僕は叫びながらヤンジュの投げたボールを目で追った!

バシーーーーン!

 

 

凄まじい音をたて、ボールは見事にバケツに入ったのです!

 

そしてボールが入ったバケツを天に掲げ、僕は叫びました。

「野獣召喚!!!!!」

 

ギャハハハ!

ヤンジュは爆笑した! 何が面白いのか、今となっては謎ですw

 

その瞬間!

ガラガラガラッ!! と物凄い音を立てて隣の家の窓が開いたのです!!

 

「うるさいのよアンタ達!!」

隣のオバちゃんがブチ切れたのです。

料理中だったのか、手にはキラリと光る長物が…….。

 

すごいのを召喚してしまった。

~完

 

 
スポンサーリンク




 

&