笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【スケボーに乗るオッサン2】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は大学生の頃の面白い話シリーズの続きを書いていきます。

 

【スケボーに乗るオッサン】です。

 

前回までの記事を読んで居ない方はこちらを先にどうぞ↓

笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【スケボーに乗るオッサン】

 

それでは早速参りましょう。

タイトルでスケボーに乗るオッサンって書いてあるのに、全くスケボー出て来てないですねw

スポンサーリンク



笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【スケボーに乗るオッサン2】

キョガイトとゲーセンに向かいましたが、ゲーセンの前には高校生のヤンキーがたむろしていました。

キョガイトは草食動物なので、怯えて震えていました。

 

「退けぃ!!」

 

 

三文字の発声で退いてくれました。

何だ、良いやつらじゃないか。

 

ゲーセンの中に入るとタバコ臭い。

まさにダメ人間ばかり居る場所ですw

(今はこんな場所には近づかない。駄目な奴と居るとダメになるからw)

 

 

中にはキタサン、ヒデちゃん、チンヤ等学校のメンバーが沢山居ました、

 

「あぺぺぺーっ!! ドスケンとキョガイトじゃねーか!!」

 

「ドスケンが来る気がしてたんやで!」

 

「よう! 皆暇だなぁ!」

 

「あぺぺっ!! 暇じゃないよ! ゲーセン来てるんだから!」

 

「暇やからゲーセンに来てるんやろ」

 

 

キョガイトに突っ込まれるヒデちゃん。

「とりあえず鉄拳やろうぜ? もしくはリアル鉄拳」

 

「アホか! GAMEの方にしろや! なんでリアルファイトせにゃならんのや」

 

キョガイトが嫌そうな顔をして、ゲーム機に着座しました。

 

 

遊びに来ていると言うのに、全く楽しそうではありませんw

やたらと渋い顔をしています。

それがキョガイトなのです。

 

 

実は、キョガイトは何をやっても弱いのです。

(実はってか想像通りだと思いますが)

 

キョガイトは一回30円のゲームセンターでは破格の600円くらいを消費し、皆に勝ちを献上していました。

 

THE噛ませ犬

どんだけ弱いんだよww

 

 

時計を見ると、そろそろ授業の時間です。

 

「時間だ! 帰るぞキョガイト!」

「へぇへぇ。帰りますよっと」

 

「おーい、ヒデちゃんも学校戻る?」

 

「あぺぺっ!! 俺は授業ないから、まだ居るぜーっ!!!」

 

僕とキョガイト以外は、まだゲーセンに居るようです。

仕方なく二人で戻ります。

 

ゲーセンから出ると、店内から大きな叫び声が聴こえました。

 

「あぺぺーっ!!」

 

一体何があったのでしょう?

振り返る余裕はありません。

 

 

キョガイトを引き連れ、学校へ戻ります。

道のりは500メートルくらいです。

 

歩きだと微妙に長い距離。

しかしゲーセンに行くためだけに自転車を学校に置いておくのも気が引けます。

 

「キョガイトよ」

「なんやドスケン。変な事言う気やないやろな」

 

「普通の会話にどんだけ警戒してんだよ!w」

「お前の普段の行いが、そうさせるんや。そんで何や?」

 

「暇だから、おかんちょうサービスして良いか?」

「そんなサービス受けたくないわ!」

 

続きます(^^)/

 

続きはこちら↓

笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【スケボーに乗るオッサン3】

 

長編の面白い話、笑える話のまとめはコチラからどうぞ↓

長編の面白い話、笑える話のまとめ【全部実話の超絶エピソード集】

また明日も見て下さいネ(^^)/

スポンサーリンク