笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【スケボーに乗るオッサン】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は大学生の頃の面白い話を長編でお届けします。

 

コロナで家にいないとイケナイので、今こそ僕のブログの出番です。

是非読んで暗い気持ちを吹き飛ばしてください。

 

はぁっ!!

 

本日は僕の友人の中でも驚異的な存在である、モンスターキョガイトの話になります。

それでは、どうぞご覧ください(^^)/

スポンサーリンク



 

 

笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【スケボーに乗るオッサン】

19,20歳くらいの時。

暇だった僕らは学校近くののゲーセンに通っていました。

 

そのゲーセンは一回30円でゲームが出来ると言う、良心的な価格設定の店でした。

 

10円玉を大量に握りしめて、よく行ったものです。

今もあるのかなぁ。

 

300円ありゃ10回もゲームが出来るんですから、僕らにとってはワンダーランドに匹敵すると言って良い場所でした。

 

その日はキョガイトと言うポケモンと一緒にゲームセンターへ行きました。

 

 

他の仲間は既にゲーセンでビリヤードをしているようでした。

(ビリヤードも併設されてるんですよね)

 

ゲーセンに近づくと、ゲーセンの入口には高校生くらいの若いヤンキーがたむろしていました。

 

キョガイトを見ると、渋い顔になっていました。

 

 

僕はモンスターボールを握りしめ、言いました。

 

「行け! 毒ポケモン! キョガイト!」

 

「キョガチュー!! ってなんでやねん!!」

 

 

「おい、おまえ! 毒ポケモンって言ってるのに、何がキョガチューだよ! ピカチュウを意識してんじゃねーよ! 明らかにキョガドガスだろ! もしくはキョガベトン!」

 

「なんでそんなマダドガスとかベトベトンみたいな名前なんだよ!!」

 

「えっ……。だって不潔だから」

 

「真面目に答えるなや!」

 

キョガイトは若干の怒りをぶつけてきました。

「そんな事よりキョガイトよ、早くあの不良共をどかすんだ。店に入れないじゃないか」

 

「アホか! 無理やわ~。放り投げられてしまうでぇ」

 

「大丈夫だ! 思いっきり吐くんだ」

 

「何をだよ!」

 

「息だよ!」

 

「俺の息にそんな攻撃力ないわ!!」

 

 

 

「えっ……。だって臭そうだから」

「真面目に答えるなや!」

 

キョガイトは若干の怒りをぶつけてきました。

 

「おまえなぁ、たった高校生四人だぞ。君なら出来る!」

「アホか! 人間には出来る事と出来ない事があるんや! 俺は体重35キロやぞ!」

 

「出来ない事が多すぎるのは気になる所だが、確かにそうだな。分かったよ」

 

それにしても体重35キロとは。

キョガイトにとっては高校生どころか中学生すら天敵なのです。

 

まるで野生の小鹿です。

 

周りにはライオンにチーター。おすぎにピーコ。

敵だらけなのです。

 

そんな人生嫌だ( ;∀;)

 

嫌だ!!

 

続きます(全然本編進んでないwww)

 

また明日見て下さいネっ!

(明日この続きを書くとは限らないよ! 夜勤で眠いんだよっ!)

 

 

続きかいたぞん↓

笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【スケボーに乗るオッサン2】

 

長編の面白い話、笑える話のまとめはコチラからどうぞ↓

長編の面白い話、笑える話のまとめ【全部実話の超絶エピソード集】

また明日も見て下さいネ(^^)/

 

スポンサーリンク