信じられない話【印鑑登録と印鑑証明をしに行ったら暴君現る】

印鑑証明の悲劇

信じられない話を一つ。

 

前回の記事で、僕も30過ぎて良い年なので、少しは高い印鑑を買った話をアップしました。

 

それで、折角印鑑を購入したので印鑑登録をしに行ったんですよね。

今回はそんな話。




信じられない話【印鑑登録と印鑑証明をしに行ったら暴君現る】

免許証があれば印鑑登録できる見たいなので、免許だけ持って行きました。

ちなみに昔印鑑登録をしてたみたいなんですが、どの印鑑で登録したか覚えていないので、

その印鑑データーを破棄してもらって、新しく登録する事になります。

 

結構面倒なのかな? と思ったら、案外簡単でした。

 

印鑑登録に必要な書類は三枚だけ

 

前回の印鑑紛失したって届けと

新しく登録する印鑑の届けと

印鑑証明書の届けの三枚

 

を書くだけでした。

5.6分で全ての書類を書き終わり提出すると、そこから悲劇が起きました。

 

印鑑のデータ取りを行う工程

 

係の女の人が、

「データーとりますので印鑑を貸して下さい」

と言ってきましたので、印鑑を貸しました。

 

ドドドドドドドドドドド!!!!

 

 

僕は目を疑いました。

 

係の女の人は持っている全ての力を使って、朱肉へと僕の印鑑を叩きつけ出したのです。

 

 

いや、そんなに連打する必要あるか?

高橋名人かコイツは。

 

 

そして、登録用のシートに強く叩きつけるのですが、失敗を繰り返すw

 

そしてまた

 

ドドドドドドド!!!!!!!!!!

 

 

おまえはビジュアル系のドラマーか!!!!

 

 

こちとら買ったばかりの一万の印鑑だぞ

「いや、ちょっと待て待て」

 

ドドドドドドドドドドド!!!

 

「もうちょっと丁寧に扱いなさいよ」

 

と言うと

 

「はっ!?」

と息切れして言っていました。

 

もうダメだこいつ(笑)

 

⑤枚目くらいで、やっと成功しました。

 

 

「その失敗したヤツ、どうするんですか?」

と僕が聞くと

 

「こちらで処分しておきますので」

 

「いや、今僕が見てる前で処分して下さい。忘れられたら嫌なんで。今デス今。ナーウ!!!!!」

 

 

と言うと、なんだかフテブテシイ態度で

「では、今からシュレッダーにかけます」

 

と言って、シュレッダーにかけていた。

 

俺は印鑑が割れていたら、どうしようと思って、印鑑ちゃんを良くチェックしたが、なんとか無事だった。

 

おのれ、あの女め!!(笑)

 

 

僕はブログを書いていて気づいたんですが、こーゆーフザケタ経験もブログのネタになるって、マジで良いですよね(笑)

ただムカツクだけなんて損すぎる!

 

 

みんなもブログを書こう(^_^)/

 

ドスケンでした!

 

 

スポンサーリンク




印鑑証明の悲劇
最新情報をチェックしよう!