スキンヘッドが似合う日本人ってどんな人?どうすればカッコいい?

ま! ギャハハメモのDOSケンです。

最近スキンヘッドの記事を沢山書いていますので、勢いに乗って本日もスキンヘッドの記事を書いていきますw

題して【スキンヘッドが似合う日本人ってどんな人?】です。

 

悩める日本人は、どうすればカッコ良くなれるのでしょうか?

 

 

ちなみに僕は20~28歳くらいまでの間、坊主にしたりスキンヘッドにしたりを繰り返していた男です。

なので、やってもないのに想像だけで書いている訳ではありませんので、あしからず!

安心して下さい! 剃ってましたよ!

 

スポンサーリンク



スキンヘッドが似合う日本人ってどんな人?どうすればカッコいい?

アメリカとかってスキンヘッドにしている人が多く、普通の髪型じゃないですか?

そしてカッコいい人も沢山居ますよね。

 

でも日本でスキンヘッドにすると、目立つし、いかにもハゲてるからスキンヘッドにしてるんだろうな。

と感じさせる人が多いです。もしくは住職です。南無。

 

そんな事から、スキンヘッドにすると、なんとなくヒョロヒョロした宇宙人みたいな印象になってしまう事が多いです。

では一体どうすれば日本人はカッコいいスキンヘッドになるのでしょうか?

 

前回の記事でスキンヘッドにする事によって髪を捨て、中身で勝負できると書きましたが、見た目が良くなるにこした事はありません。

中身が一番大事です。でも見た目も大事だと僕は思うんですよね!

前回のスキンヘッド記事はこちら↓

スキンヘッドにしたいけど、やるのが怖い?勇気が出ない人へアドバイス

 

って事でカッコいいスキンヘッドの日本人を目指しましょう。

是非目指しましょう!

 

 

でも一つだけ言っておくと、ハゲよりスキンヘッドの方が絶対に良い!

と僕は思う!

どんなにヒョロヒョロであろうと、ヒョロヒョロのハゲよりヒョロヒョロのスキンヘッドの方が良い!

*あくまで個人的な意見ですけど、結構そう思っている人は多いはず。

 

 

カッコいいスキンヘッドにするには筋肉をつける。鍛える

スキンヘッドでパッと思いつくカッコいい人はドゥエインジョンソンです。

(日本人とは顔が違うとか言うのは無しですよw)

 

 

筋肉があるからこそカッコいい。

スキンヘッドが生かされますよね!

 

やはりスキンヘッドには筋肉が似合う。

タフな男!!

そんなイメージですね!!

 

太ってスキンヘッドだと、クロちゃんみたいな印象になりますね。

わわわわー!!

 

特に大事なのは大胸筋と肩ですね!

 

カッコいいスキンヘッドにするには日焼けする。黒くなる

次いで大事だと思うのが色です。

やっぱスキンヘッドって黒い方が似合うんですよね。

 

白いと、どうしてもグレイ感が出てしまいます。

不健康と言うか。

 

2PACとかカッコ良すぎですよね!!

(顔がそもそもイケメンですけどねw)

 

これで色が白かったら、ここまでのカッコ良さは出てないと思うんですよ。

 

さすがに人種の壁はありますけど、日本人でも日焼けすればスキンヘッドが似合うようになります。

僕がスキンヘッドにしていた時は、やはり冬より夏の方が日焼けして似合ってましたもん。

 

スキンヘッドにする人は、色黒になりましょう!

(ただし直射日光で頭皮がずるむけにならないように注意!)

カッコいいスキンヘッドにするには服装に気を付ける

服装がビシッとしていると、スキンヘッドはマジで最強のフォーマルになります。

出来る男に見えるんですよね。

 

渡辺謙さんは、いつもきちっとした素敵な服装ですからスキンヘッドにしても似合いますよね。

〈左)

 

 

このAmazonリンクは服装ってより鎧ですけどw

(良い画像リンクがなかったので、すいませんw)

 

きっちりした大人の服装が良いです。

チャラチャラした服装でスキンヘッドだと輩になってしまいます。

 

スキンヘッドが似合う日本人ってどんな人?まとめ

いかがだったでしょうか?

スキンヘッドが似合う日本人になる方法を書いてみました。

 

 

まとめますと

①鍛える

➁日焼けする

③服装に気を付ける

 

 

この三つです!

全部クリアすると、それはそれはカッコいい日本人スキンヘッダーになる事でしょう。

 

無理な人は一つでも二つでも取り入れると良いでしょう( *´艸`)

 

以上DOSケンダラァでしたっ!!(^^)/

スポンサーリンク