本当にあった怖い話【激ヤバ居酒屋。会社の飲み会でぼったくられた話】

豊橋の居酒屋でぼったくり

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は、ぼったくりの話を書いていきます。

 

普通、ぼったくりって1人や2人でキャバクラとかに行ってぼったくられるじゃないですか?

なんと会社の飲み会で、そのままぼったくられると言う、大人数ぼったくりに合ったのですww

 

ちなみに豊橋駅の店になります(今はもうないかな)

 

みなさんも、怪しげな店には注意して下さいネ(^^)/

スポンサーリンク



本当にあった怖い話【激ヤバ居酒屋。会社の飲み会でぼったくられた話】

これは会社での飲み会になります。

僕の所属していた課の飲み会でした。

 

人数は10名くらいだったでしょうか。

今の僕は会社の飲み会というモノには参加しませんが、この頃はまだ何も考えずに参加していました。

マジで時間勿体ねーww

 

そして、とんでもない目に合うのですw

 

 

一次会は、ワタミとか、まぁまぁ有名な店で行いました。

予算は1人3500円とかだったでしょうか。

 

ぐだぐだと飲み会を行い、時間がゆるやかに過ぎて行きました。

そして、二次会へ行く事になりました。

 

 

今回の飲み会の幹事はビゲスト。

会社一の巨漢で、なぜか常に角刈りです。

ぱっと見、演歌歌手に見えます。

痩せる痩せると何度も決意をしながら、どんどん太っていく妙な男です。

 

 

「ぶはぁ~二次会はある程度調べてあるので、そこに行きましょう」

 

ある程度の意味が分かりませんが、ビゲストに付いていきました。

なんとか全員入れるそうです。

 

ビゲストは何人二次会に来るか分からないから、予約はしていなかったと言う、仕事の出来ないっぷりを露呈していました。

 

ぼったくりの居酒屋はこんな感じだったよ

僕たち10名は二階に通されました。

 

そこは、個室でした。

なんかカラオケボックスかラブホテルの残がいみたいな部屋でした。

(ちなみにキャバクラやスナックではないので、誰も付きません。ただの居酒屋です)

 

テーブルが二つあるんですが、種類の違うテーブルで高さがあっていませんでした。

そんな事ある!?

なんだこの手作り感!!

 

そして、店員にチューハイやビールを注文します。

全員の飲み物が揃ってから乾杯しようとして、待っていると、不自然な程ドリンクが来ません。

20分たっても来ないチューハイがあります。

 

それは一個上のニャオキングの頼んだカルピスサワーでした。

 

ブチキレたニャオキングは一階に降りて店員を捕まえました。

普段温厚な人ですが、カルピスにはうるさいのです。

「カルピスサワー来ないんだけど!」

 

怒っている対象がカルピスなので、なぜか笑えます。

 

「ただいまカルピスを切らしておりまして」

「コンビ二近くにあるんだから、カルピス買ってこいよ!」

 

 

そうブチ切れるニャオキングを、店内の客が睨みつけていました。

異様な目つきです。

日本人ではありません。

中国人に見えます。

何かヤバイ予感がしました。

 

「ニャオキングさん、上に戻りましょう」

 

二階に戻ると、ゆとり教育の弊害みたいな後輩マサオが、首を縦に振っていました。

こいつは一杯飲んだだけで首をメトロノームの縦バージョンのように降るのです。

 

そして、吐きそうな顔をして笑い続けます。

狂っています。

 

そうこうしていると、突然地面に空いている穴から店員が現われました。

何を言って居るんだと思うかもしれませんが、部屋の隅っこに何故か穴が空いていたのです。

そして、その穴から店員がマジックショーの様に現われたのです。

(床しかないエレベーターみたいな感じ)

 

 

なんなのこの店!?

 

 

 

そして店員が持ってきたのは寿司です。

 

寿司を机に置きます。

 

げっ!!!

 

「これ、どうみてもスーパーで買ってきた寿司だろ!!」

 

僕は叫びました。

 

だって、皿に盛られてすらなく、スーパーで売っているままの容器のまま陽気に登場したのです。

 

極めつけは、割りばしが一緒についていたんですが、【フランテ】と書いてあったのですw

 

wwwwwwwwwwwwwwwwwww

「フ、フランテの寿司だぁ!!」(フランテとは愛知県にあるスーパー)

 

いよいよ常軌を逸しています。

 

きっと次に持ってきた唐揚げもフランテなのでしょう。

 

ぼったくりの居酒屋での会計でビックリ

あまりにもひどいので、すぐに店を出る事にしました。

 

結局全員一杯か二杯しかドリンクを飲んで居ませんし、カルピスサワーは最後まで来ませんでしたw

 

それなのに、会計は8万円www

 

 

僕とニャオキングは完全にブチ切れる準備万端って感じだったのですが、その時いた上司が「もめ事はやめよう」と言って全額支払って帰って行ったのです。

 

その背中はカッコ良く、しかし哀愁に満ちていました。

ちなみに、その時も中国人はジロリと睨みを聞かせていました。

 

豊橋と言う田舎町でもぼったくりはある。

 

みなさん気をつけて飲食して下さいネ(^^)/

 

(ちなみに、他の居酒屋でもぼった暗れた事あり、その話も今度書きますね)

スポンサーリンク