信じられない話【ジムでトラブル!ペットボトルに口つけました?】

信じられない話を一つ。

これは僕が通っているジムでの出来事です。

何の気なしに買った水で、こんなトラブルになるなんて……。

 

この記事を読むメリットは以下です。

 

●ジムでのトラブルの注意点が分かります。

●信じられない体験を味わえます。」

 

スポンサーリンク



信じられない話【ジムでのトラブル。水を間違えた!?】ガチ実話

これは、半年くらい前の出来事になります。

僕はいつもコンビニに寄り、水とオニギリを買い、オニギリを食いながらジムへ向かうのです。

その時、凄くメジャーな水を買ったんですよね。

 

どこにでも売っているような2リットルの水です。

 

ジムの荷物置き場でトラブル発生

 

僕が行っているジムには、トレーニングルームに棚が設置されており、そこに水やらタオルやら、グローブやら、自由に置いて良い事になっているんですよね。

 

とっても便利。

 

なので、僕はそこに二リットルの水を置いていました。

 

 

そして、筋トレを開始。

 

10分くらいして、喉が渇いたので、水を飲もうとしていると…….。

 

 

「それ、私の水ですよね?」

 

突然知らない女の人が言ってきました。

 

 

え、マジか!?

 

俺は確かにココに置いたハズ……。

しかし、そこまで自信に満ちた感じで言われると自信がなくなってくる。

 

 

「口つけました!?」

 

「いや、口はまだつけてないけど」

 

 

みたいな感じになり、僕は水を棚に戻しました。

 

本当に、この女の人が置いた水かもしれないけど、じゃあ俺の水はドコに消えたんだ!?

 

しかも、俺は口をつけていないと言っているんだけど、その人は水を飲もうとしません(笑)

 

 

そりゃそうか。

 

知らない男の人が自分の水を飲もうとしていたら、不気味で手をつけれないよなー。

 

と、思い、僕はその人に金を渡しに行きました。

 

100円じゃ2リットルの水を買えないかもしれないけど、120円とか渡すのはダサいので200円を渡す事にしました。

 

なんてこった。

 

 

「さっきはすいません。これで新しい水買ってください」

 

「いや、良いですよ。悪いんで」

 

「いや、もらっといて下さい」

 

と200円を渡しました。

 

 

 

結果、俺は自分の水(と思っている)を飲もうとし、その水を失い、更に200円を渡す事となったのだ(笑)

 

 

これは一体なんの悪夢だったのだろうか(笑)

 

しかし、女の人の水を飲もうとする男。

そんなレッテルを通っているジムで貼られるのは御免だww

 

それはガチで変態になってしまう。

 

筋肉質な変態は、不気味が格段に上がってしまいますからね。

 

ちなみに、そこまで頑張った対応をしたのに、その女の人をジムで再度見かけた事はありません( ゚Д゚)

 

 

この水は俺のだぁあああああああ!!!!

 

って叫んだ方が良かったのでしょうか?(笑)

 

それ以来、自分の水には目印をつけるようにしました(テープを貼る、一部分の包装を剥がす等)

皆さんも気を付けて下さいネ(^^)/

 

 

他の信じられない話もまとめています↓

信じられない話まとめ【とんでもなく面白い実話の短編集】

 

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!