ガチで怖い話【ヤンキーに車でさらわれた友人の壮絶な体験談】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日はヤンキー系の怖い話を投下していきます。

 

コッチ系の話は沢山あるんですが、中々書けないんですよねw

僕に危機が及びそうでw でも今回は書いちゃいます。

 

なんと友人のバキがヤンキーに車で攫われた(さらわれた)話になります。

これは全て実話のエピソードであり、とても恐ろしい話であります。

 

刺激が苦手な人は読まないようにしましょうね(^^)/

 

それでは、さっそく書いていきます。

怖いですよぉ~!

スポンサーリンク



ガチで怖い話【ヤンキーに車でさらわれた友人の壮絶な体験談】

 

皆さんは覚えているでしょうか?

学園祭で女子と仲良くなる為に、気合を入れてきた男の服がクソださかった話を。

そのクソださい男【バキ】が今回の話の主人公です。

 

ちなみに僕らが21.22歳の頃の話になります。

つまり15年前の話です。

 

そんなに前なのか…..。むしろそれが恐ろしい。

それでは参りましょう。

ヤンキーにコンビニで絡まれた友人

ある夜の事。

バキは地元の友人と、地元のコンビニで立ち読みをしていたそうです。

貧乏学生にとっては、かなり普通の行為ですね。

 

 

もくもくと漫画を読んで居ると、店内にガラの悪い三人組の男が入ってきました。

 

バキは一瞬ヤンキーを目視しましたが、関わってはイケナイと思い、漫画を読み続けたそうです。

 

バキの友人も同じ行為をしていたそうです。

非戦闘員にとっては、かなり普通の行為ですね。

 

いわゆる石化。ストーン現象ですね(^^)/

 

しかし!

無視しているはずのヤンキーが、気づけばバキの周りを囲むように立っています。

まるでABCD包囲網www(三人だけど)

 

 

でーっ!!!

バキの心拍数は小動物の様に爆上がりしたそうです。

 

すると、ヤンキーの1人がバキの肩に手をかけ、こう言いました。

 

「悪いねぇ。金を貸してくれないか? 今困ってるんだ」

 

なんてアグレッシブなヤンキーなのでしょうか。

店内なのに、全く通報を恐れていません。

 

「いやー、今金を持ってないんで。すいません」

 

バキは超ノーマルな返答をしました。

これはいけない。何がいけないって、すいませんとか無駄に謝ってはいけないのです。

バキは全く悪くないのですから。

 

★僕のおすすめする回答例

「金はないけど、金タ●はあるよぉーん、ホラ」

もしくは

「金って何? 僕見た事ないでちゅー!!」

もしくは

全く笑わずにガン無視。

 

話が反れました。

とにかくバキの駄目な回答により、ヤンキーは二手目で王手をしかけてきました。

羽生名人もビックリの攻めです。

 

「大丈夫! そこにATMあるからさ。おろしてきてよ!(^^♪」

 

 

コンビニで立ち読みしているだけで、こんな目にあっているバキとバキの友人。

やはり深夜にうろつくもんじゃないですね。

 

 

このかなり怖い状況。

バキは一体どうなってしまうのでしょうか。

 

続きは明日書きますが、プライベートな内容であまり一見さんに見られたくない内容なのです。

なので明日はパスワード保護して公開します。

 

ブログを見るのにパスワードが必要!!www

これは新しいww

 

って事で、続きが読みたい人は、このブログのメールか、Twitterのメールでパスワードを僕に聞いてください。

面倒おかけしますが、よろしくお願いいたします(^^)/

 

それではまた明日(^^)/

 

 

バキの他の話はこちら↓

笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【男!工業の大学祭】

 

スポンサーリンク