実話の面白い話を短編でどうぞ【怪しい商品を路上で売る人とサクラの人】

路上でインチキ商品を売る男とサクラ

ま! DOSケンダラァです。

本日は実話の面白い話を短編でお送りします!

 

学生の頃に名古屋駅の近くで路上販売している怪しげな商品に友人が引っ掛かりそうになった時の話ですw

まさかのサクラを粉砕する人物が登場しますwwww

スポンサーリンク



実話の面白い話を短編でどうぞ【怪しい商品を路上で売る人とサクラの人】

「ホンマ人多いなー!」

 

「おぉ、半分くらい消えて欲しいぜw」

僕はチンヤと名古屋駅に来ていました。

名古屋駅は本当に人が多い。

 

チンヤとクダラナイ話をしながら駅周辺を歩いていると、面白いモンをみつけました。

 

「おい、チンヤあれみろ!」

「既に見ている!  なんやなんや!  あの面白そーなオッサンはよぉお!」

 

 

俺らは面白そーな臭いのする方に向かって歩きました。

 

オッサンが道で何かをしている。

人が少し集まっている!

よく観察しました。

 

俺はチンヤに言った。

「良いか、見るんじゃなくて観るんだ……。聞くんじゃなくて聴くんだ……」

「ジョー太郎のマネかよぉおお!(笑)」

 

*ジョジョ知らない人すいません。ってかジョジョくらい読んでて下さい(笑)

よく観察すると、オッサンは紙で出来た人形を操っている事が分かりました。

 

オッサンの手の動きに合わせて紙人形が動きまわっている!

スゲー!

僕らは興奮した!

なんなんだ!

糸はナイ!

どーやって操ってるんだ!

人形は一回転したり、凄まじい動きをしている!

 

「スゲー! すごすぎるだろ! なんなんや! なんなんやアレは!」

チンヤの目が輝いていた!

これは買う気の目ですwww

 

 

操っているオッサンが突然叫んだ!

「どーだいこの人形! 凄いだろ? 今ならたったの三千円! 買った人は、やり方が解るよ!」

 

な、なに!

「欲しいなマジで! 買いやでアレは!」

チンヤの目が輝いていた。マジかよww

 

「いよっ、はっ!」

オッサンはさらに人形を華麗に操り出しました。

人形は生きているように踊り出したのです。

 

 

すると、オッサンの近くにいた女性がいきなり叫んだ!

「わたし買います!」

 

「中に、秘密が入ってるからねー」

女性はオッサンから紙人形が入った箱を受け取り、満面の笑顔になった。

変わった人だ。

 

「先を超されたー! 俺らも買うぞドスケン!」

チンヤは興奮している!(笑)

チンヤがオッサンに近付いたその時!

遠くから別のオッサンが何か叫びながら近付いてきた!

 

「な、なんの事ですか?」

人形親父は慌てている。

「な、なんなの?」
人形を買った女性も慌てている。

 

 

「オマエもグルだな! サクラだな!」

オッサンマンは女性にも叫びだした!

 

「私は桜じゃありません」

いや、名前の桜じゃないだろww

なんなんだ!

なんか笑える展開になってきたぞ!(笑)

 

ただ、そんな状況の中でも人形親父は人形を動かしていたのが笑えます(笑)

 

「人を騙すんじゃねー!」

オッサンマンは興奮して叫んでいる!

ザワザワ

ザワザワ

周りの野次馬達も騒ぎはじめる。

 

「なんなのよアンタ!」
女性が叫んだ!

 

「うるせー! サクラ女が!」

オッサンマンの怒りは止まらない!

 

 

状況を見るんじゃなく観ていた俺らには全て理解できた。

この操り親父は嘘くせー操り人形の商品をオッサンマンに売りつけたんだろう。

そしてオッサンマンは人形を動かせなかったのだろう(笑)

だからオッサンマンは怒っているのだ。

さらには女の人は本当にサクラなのだろう。

全て理解した。

 

 

チンヤも馬鹿じゃないから理解している。

しかし、このオッサンマンが来なければチンヤも必ず買っていて、同じ事をしていただろう(笑)

 

「うぉーインチキ野郎ーっ!」

オッサンマンの怒りはおさまらない!(笑)

なんと!

 

 

ドグシャ!

グシャ!

オッサンマンは人形親父が操っている人形を踏み潰したのです!(笑)

ギャハハハーっ!

 

これには俺らも爆笑!(笑)

そこまでするか!

「やめて下さい!」

「やめて下さい!」

人形親父と女は必死にやめて下さい!

ってかサクラもろバレやん(笑)

グシャ!グシャ!

その後、野次馬もいなくなり、ボロボロになった人形と人形親父、女は呆然としていた。

~(完)

みんなも変な商品に騙されないよーに注意しよう😃

 

以上短編の面白い話でした。

また明日(^^)/

スポンサーリンク