履歴書に趣味は筋トレと書くのは良いのか?面接の実体験を告白するぜ

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日はバイトや就職に関して、趣味の欄に【筋トレ】と書くのは良いのかについて僕の実体験を書いていきますよ!

 

筋トレと書く事によって、落ちたり不利になったりするのか?

そんな心配をしている人も居るかもしれません。

 

この記事を読んでもらえば、面接の結果も分かりますよ!

 

スポンサーリンク



 

履歴書に趣味は筋トレと書くのは良いのか?実体験を告白するぜ

僕は正社員の面接時に、四つの会社を受けました。

そして、その全てに受かっています。(その中から今の会社に決めています)

 

そして、その全ての履歴書の趣味の欄に【筋トレ】と書いていましたww

 

 

なので、筋トレと書いたから落とされるなんて事は、まずないと思います。

 

よく考えてみて欲しいのですが、筋トレって継続できる人しか成果をだせないじゃないですか。

趣味が筋トレの人なら、こつこつと放棄せずに仕事をしそうじゃないですか。

 

むしろ、趣味を筋トレと書くと、面接官に筋トレが好きな人が一人くらい居たりして、食いついてきたりしますw

 

めっちゃ話がはずんで楽しい面接になった覚えがあります。

 

面接で趣味が筋トレと言う時の注意点

履歴書に筋トレが趣味と書いたり、面接で趣味が筋トレと言う際に注意点があります。

それは、成果を聞いてくる可能性があると言う事です。

 

それは

 

「腹は割れているの?」

「ベンチプレスは百キロ挙がるの?」

という筋トレの実力を聞いてくるバージョンもあれば

 

「筋トレをしていてよかった事は?」

とか「なぜ筋トレを続けて居るの?」

という精神的な事まで、色々な事を聞かれる可能性があります。

精神的な質問は、考えて居ないと言葉に詰まるかもしれません。

 

 

面接と言うのは、質疑応答に分かりやすく答えられるかが大事なので、言葉に詰まってはマイナスになってしまいます。

自分の趣味の事ですから筋トレと宣言した以上は、ある程度の成果を持って面接に臨みたいですね!!

 

一応DOSケンの回答例を出しておきます。

「腹は割れて居るの?」→「はい。冬場は増量の為、腹筋のカットは隠れて居ますが、夏は絞りますので割れています」

「ベンチプレスは百キロ挙がるの?」→「はい。一回だけでしたら胸につけた状態で挙げる事が出来ます」

「筋トレをしていてよかった事は?」→「はい。自分の頑張りが体に反映される事です。簡単に筋肉がつかない所が面白いです」

「なぜ筋トレを続けて居るの?」→「体を鍛える事によって、継続すると言う精神も鍛えれますし、ずっと続けれる趣味だからです」

 

 

最後に。

超ガチの筋トレマンだと、「こいつ、いつか筋肉の道で食ってく為に会社を辞めるんじゃないか」と思われる可能性はあるかもしれませんね。

僕は趣味の欄に【音楽制作】とも書いていたので、将来そっちの道に進んで辞めるとか言いそうだなぁとか茶化された事があるのでw

 

以上DOSケンダラァでしたっ!

 

また明日も見て下さいネ(^^)/

スポンサーリンク