レップ(rep)とは、どんな意味?筋トレ用語の易しい解説【初心者向けの肉辞書】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は、初心者の為の筋トレ用語の解説を行っていきますよ。

 

誰にでも初心者の頃はあります。

ただ、筋トレって専門用語が飛び交うので、易しい解説が必要だと思うんですよね。

 

って事で本日は【レップ(rep)】の意味を解説していきますよ☺

レップとは何か?

 

初心者の為に分かりやすく書いていますので、そこまで細かくは書きません。

あくまでも、分かりやすく。易しく。ソフトタッチで。

スポンサーリンク



レップ(rep)とは何? どんな意味?筋トレ用語の易しい解説

それでは早速結論から書いていきます。

レップとは筋トレ種目の回数の事です。

5レップとか8レップ等とトレーニーは使います。

 

具体的に使い方を見てみましょう。

筋トレ用語、レップの使い方

例えばベンチプレス80キロで10回行うとします。

それを、トレーニーはこう言います。

 

「今日はベンチプレスを80キロで10レップやるぞ」

 

 

「え? 10レップも出来るの?」

 

「本気出したら12レップを3セット出来るわ!!」

 

「じゃあ12レップやれよ!! なぜ控えめなんだよ!!」

 

みたいな会話がジムで行われたりしますw

 

普通に10回って言うより、様になって聞こえますよね。

この、カッコつけマン!!

 

 

ちなみに僕の友達で、怒り狂ったターミネーターみたいな男が居るのですが、腹が出ている事を友人に指摘された所、その日の夜に腹筋を1000レップやって地獄の腹痛を味わったという伝説があります。

 

 

高レップ、低レップとは何か?どんな意味?

高レップ、低レップと言う風に使ったりする事もあります。

高レップとは20回以上やるような、回数の多いトレーニングです。

 

低レップとは3回とか4回とかの回数の少ないトレーニングの事です。

 

 

一般的に低重量、高レップ(軽い重量で回数を沢山)【引き締める】

高重量、低レップ(思い重量で回数を少なく)【筋肥大】と使ったりします。

 

 

どっちが良いかとかはなく、部位によって、高レップの方が効きやすい所、低レップの方が効きやすい所があります。

 

また、同じ刺激ばかり与えていると、筋肉は慣れてしまうので、いつもは高重量、低レップだけど、今日は低重量で高レップやろう。

とか決めてトレーニングしたりします。

HIPHOPのレップの意味は?

ちなみに僕は筋トレだけでなく、ヒップホップも好きなのですが、ヒップホップ界隈でもレップと言う言葉を使ったりします(笑)

 

が、意味は全く違います。

 

ヒップホップの野郎共が使うレップはレペゼン(represent)の事なので、代表とか、象徴するって意味になりますね。

 

同じレップでも全く意味が変わってきますね。

 

 

ちなみに、こんな風に使ったりします。

 

「あのラッパーはカワサキをレップしてるよなぁ」

 

「そうか? あいつの方がレップしてねぇ?」

 

「I REP HIPHOP!!!」

 

「大きく出たなww」

 

みたいな感じですw

 

筋トレの記事に、突然ヒップホップの知識をぶち込む。

これがDOSケンダラァのやり方です。

 

おみそれしやしたか。

 

ちなみにトレーニーとラッパーが会話するとこうなります。

 

トレーニー「今日はダンベルカールを20キロで10レップするぞ」

ラッパー「めっちゃやるやん。このジムをレップしてんな」

 

 

以上本日はここまで(笑)

 

以上DOSケンダラァーでした( *´艸`)

 

 

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!