ラップを上手く歌う方法6選【カラオケでイカしたRAPをするコツ】

ま! ドスケンです。

本日はカラオケでラップを上手く歌う方法、コツを紹介します。

 

最近ラップ知名度が高くなってきて需要があると思うんですよね。

(ちょっとフリースタイルでラップにハマってカラオケで歌ってみようかなって人、絶対居ますよね)

 

昔売れないラッパーだった僕の出番ですよコレは!w

 

ドスケン
当時はスキンヘッドにして本気でラップしてたんじゃ
スポンサーリンク




 

ラップを上手く歌う方法【カラオケでイカしたRAPするコツを教えます】

それではRAPを上手く歌う方法を6つ伝授していきます。

全て読めば、貴方もラップマスター!!

ヒップホップ最高!! ってなっているハズです。

 

モテモテ間違いなし!(ラッパーってモテないけどねw)

 

1.ラップは全てをメロディーだと思って歌詞を覚える

コレです。

普通のJ-POPとかってメロディーさえ覚えれば、聴いた事のない二番も歌えたりするじゃないですか?

ラップではそれは無理です。

 

よくラップはメロディーが無いと言われたりしますが、それも違います。

僕から言わせると、全てがメロディーなのです。

 

 

なので、全ての箇所の歌詞、メロディーを覚えなくてはなりません。

 

そんなの無理だよ。

と思うかも知れませんが、何回も聞いていると口ずさめるようになり、徐々にすべてラップ出来るようになってくるのです。

(言葉を詰め込んでいるので、歌詞が多いですが、自然と覚えれます)

 

2.ラップは韻の部分を強調して歌う

次いで上手くラップしているように見せるコツは、韻の部分を強調して歌う事です。

これは簡単だけど、かなり効果的な技です。

 

youtubeでヒップホップ動画を勝手にブログに載せるとジャスラックがうるさいので、自分の歌を載せます(笑)

 

韻と言うのは、この歌で言う所の赤字の部分↓

 

 

俺が生きてる今日この時を支えてくれてる奴らに感謝

アンタ達のおかげで笑っていられるこの歌、俺からのアンサー

 

この部分を力強く歌う事により、メリハリが出来、ラップを上手く歌えている感じが出るのです。

スポンサーリンク



3.ラップする時は休符を意識する(息継ぎの場所を決めておく)

意外と大事なのが休符です。

ラップは、ずーっと歌いまくってる訳じゃなく、休符で休み、呼吸をして歌います。

(AK-69とかは小節の先頭に休符を入れてズラして歌い始める事が多いです)

先ほどの僕の歌のサビで言いますと

俺が生きてる今日この時を支えてくれてる奴らに感謝【休符】

と、感謝の後に、休符があります(ドラムの音を一回聞くように休む)

 

 

第一verseでも

今の気持ちをストレートに出すには、やっぱりこの歌しかねーんだな【休符】

この歌は俺なりのアンサー【休符】伝えたい気持ちがあんだ【休符】

と言った感じで休符を多用しています。

 

この休符を理解すると、グッとラップは上手くなりますし、呼吸も出来て楽になります。

 

4.複数で歌っているラップは歌い方を変える

ラップというのはフューチャリングが多い楽曲で、一人で歌っている曲よりも複数で歌っている曲の方が多い音楽です。

なので、大勢で歌っている曲では、人によって歌い方を変えてみましょう(なるべく似させることがコツ)

 

完全に似てなくても雰囲気が伝わればオッケー。

 

全て同じ歌い方でラップしていたら、聴いてる方は詰まらないですからね。

 

 

歌い方や声が変わっていくのがラップの魅力なのです。

その魅力を存分に引き出して歌いましょう(^^)/

5.ラップしながら手の動きも加える

やはり、ただ歌っているだけでなく、手の動きも重要です。

韻に合わせて手を振ってみたりすると効果抜群。

 

一度鏡の前で自分がどんな風に歌って居るのか確認してみましょう(笑)

座って両手でマイクを握りしめて、小さく歌っていてはラップの良さが半減するぜ!

 

6.ラップを歌う時はドラムの音だけ聴く

 

ヒップホップ、ラップというのはドラムの音が必要不可欠です。

ドラムに合わせてラップしているからです。

 

たまにテレビとかで、ギターに合わせてラップをさせたり(フットボールアワーの後藤さんのギターでR指定がラップしたり)していますが、あれはマジで歌いにくいです。

 

なぜならギターやピアノと言った上物のメロディーとは関係なくラップして、ラッパーそのものが好きにメロディーを作るからです(もちろん、あえて上物のメロディーに合わせてラップしているパターンもありますが、ほぼ無いです。それはラップじゃなくて歌だからです)

 

ですので、カラオケではドラムの音が聞きやすい環境で歌うようにしましょう。

 

ドラムさえ聞こえてればなんとかなる!

 

 

だって手拍子でも歌えるのがラップの魅力ですからね!

ラップを上手く歌う方法まとめ

以上がラップを上手く歌う方法、コツになります(^^)/

上記の6つを駆使してカラオケで皆にラップを上手いと思わせちゃいましょう。

 

最後に一つだけ追加させてください。

ラップは歌ってよりも生き様です。

 

是非とも、そんな思いをのせてラップしてみて下さいネ!

以上ドスケンでした。

 

 

ヒップホップ関連の記事、他にも書いています↓

ヒップホップ好きの僕がカラオケで何歌う?会社の付き合いで歌えるラップ!

相席スタートの山添寛が元B-boyで元ヤン?皆を欺く信じられない過去

スポンサーリンク