嘘だろ?メンタルヘルスケアマネジメントの資格試験会場で爆笑

ま! ドスケンです。

本日は社会人になってからの面白い話をドロップして行きます。

スポンサーリンク


メンタルヘルスケアマネジメントの資格試験

 

本日はメンタルヘルスケアマネジメントという資格試験を受けに行ってきました。

 

ちなみに浜松会場です。

 

10時開始だったんですが、僕は8時には到着していましたよね。

 

はっや!!

 

これには理由があるんですよ。

 

僕は極度の方向音痴の為に、道に迷うロスタイムを考慮して常に動いているんですよ。

 

 

スポンサーリンク




試験を受けに浜松商工会議所へ

 

浜松商工会議所の中へ入ると、

まだ教室は開放されていないらしく、控え室へと誘導されました。

 

 

控え室に着くと、すでにオバサンが居て、勉強をしていました。

 

僕も隣の机に座り、勉強する事にしました。

 

 

勉強していると、続々と新キャラが登場しました。

オバサン。

オバサン。

オバサン。

 

オッサン。

オバサ待てーい!!!

 

オバサンとオッサンばっかじゃねーか!!!

 

僕のコラソンは深くキズついた。

*コラソン=心(たまにヒップホップ的な単語が出てしまいます)

 

 

突如!

 

後方でオッサンがハァハァ言いながら、バリバリと音を立て始めました。

 

え? 何こいつ!?

 

菓子パン食ってる!!

 

 

 

嘘だろ!?

試験前に甘い甘ぁいパンを食って炭水化物補給だと!?

 

正気の沙汰とは思えん!

 

眠くなるぞオッサンよ!!!

 

しかし俺はこんなメタボリック星人に構っている暇などないのだ。

 

試験会場の教室開放

 

試験60分前になり、教室が解放された。

 

続々と教室へ移動するオッサンとオバサンの群れ。

机には受験番号が貼ってあり、自分の番号を探して座るのだ。

 

俺は、最後部の席であった。

全てが見渡せる位置は安心できる。

 

何より後ろに変な奴がいては、集中できんからなぁぁああ!!

 

ハァハァ。

オッサンが俺の席の周りをウロウロしている。

何コイツ?

 

あ、さっきの菓子PANメタボ星人じゃねーか!!

何なんだ?

 

と思っていると、前の方へ移動した。

 

ふぅ、良かった。と思っていると、

 

またもやハァハァ言いながら近づいて来た。

 

 

さっき食った菓子パンのエネルギーを使い切ってるんじゃねーのか?

って程、疲れた表情をしてやがる。

 

何をウロウロしてるんだ、このメタボは!!!

 

はぁっ!!!

 

 

分かった。このメタボ! 自分の席が分からないんだ!!!(笑

 

 

居る! たまに、こーゆー奴居る!(笑

 

戦慄のメタボは観念して、係員へ席を聞いていた。

 

 

 

何と、メタボは違う教室だったのだ。

 

 

 

何を試験60分前にショートコントをやっているんだ、あのオッサンは。

 

 

集中力の大半をオッサンに持って行かれた俺に、

さらに衝撃の事態が起きる事となる。

 

 

俺の隣の席に、すんごい網タイツ履いたブスが座ったんですよ。(失礼を承知で、すんません)

 

 

詰み!!

 

僕の集中力は0になりました。

 

あへへー。

 

メンタルヘルス試験開始

 

そんなこんなで試験が始まってしまいました。

 

驚いたのは、試験のはじめに、

地震が起きた時のアナウンスがあった事ですね。

 

地震が起きたら机の下に身を隠し、係員の指示に従って下さいとの事でした。

 

さすが地震大国日本ですね。そんな事も頭に入れているのですね。

 

 

でも、地震に対して何の経験も勉強もしてないであろう係員の指示になんて従うかよと

内心思っていましたけど(笑

 

 

係員がネイチャージモンなら、間違いなく付いて行きますけどね!(笑

 

僕はジモンさんほどじゃないですけど、初めて来た場所では、何かあったらこう逃げようとか考えてますからね!

 

考えているだけで、初動が違ってきますからね!

 

ホテルとか行っても、ここからは飛び降りれるなとか言って、周りの人に「何言ってんの?」 とか言われますけどね(笑

 

おっと話が反れました。

 

で、肝心の試験ですけど、まぁ可も無く不可も無くって感じでしたとさ。

120分の試験を乗り切り、家へ。

 

あー勉強疲れたから、しばらくは筋トレメインで過ごそっと。

 

(完)

 

*結果追記→4点足りなくて落ちてました。

許せねぇ。

 

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!