人生で一番痛かった経験【ピンセットか糸どっちが良い?】実話の怖い話

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は人生で一番痛かった経験をドロップしていきます。

 

人間長く生きて居れば、色々と痛い経験をしていますよね。

骨が折れた事も何回もありますし、ボコボコにされて唇を縫った事もありますし、車にハネられて飛んだ事もあります。

ケツに拳くらいのデキモノが出来て爆裂した事もありますし、瞼に注射した事もありますし、指の肉がえぐれた事もあります。

 

そんな僕が今までで一番痛かった経験を選んでみました……。

それではどうぞ、ご観覧あれ。

スポンサーリンク



人生で一番痛かった経験【ピンセットか糸どっちが良い?】

僕の心に残っている、超痛かった経験。

それは小学校低学年の時に起きました。

 

お腹に水イボが出来たのです。

8個くらい出来ていました。

 

僕のお腹の水イボを見つけた母親は大層あせった顔をして、僕を近所の内科に連れて行きました。

 

 

そこはヒゲずらのオッサンがやっている内科でした。

何かあったらその内科に行ってましたが、今となっては他に良い病院ないか。

と思ってしまうような内科でした。(オヤジギャグではありません)

 

 

病院につき、Tシャツをまくってオッサン先生に水イボを見せました。

 

「先生、こんな気持ち悪いイボが出来たんですぅ。これ、うつるんやろぉ?」

 

「うつるねぇ。さっそく広がらないように取っていこうね」

 

取っていく?

一体どうやって取るつもりなんだ?

幼い僕は強烈に恐怖を感じたのを覚えています。

 

「ピンセットか糸、どっちが良い?」

オッサン先生はニヤァとした笑顔で聞いて来ました。

 

ピンセットか糸!?

 

一体どんな選択なんでしょう。

どちらを選んでも恐怖が待っている気がします。

 

ドスケンの恐怖の顔

 

 

「そりゃピンセットやなぁ!」

 

なぜか母親が答えました。

なぜ即答!?

僕はどちらにして良いのか全く分からなかったので、ピンセットを受け入れるしかありませんでした。

 

するとオッサン先生はピンセットで僕の水イボをつまむと。

 

「ほりゃぁああ!!」

 

と叫ぶと、思いっきり引きちぎったのです。

 

 

 

ぐわぁああああああああああ!!!!

 

僕はマジで叫びました。

もう単純に腹の肉をちぎられている感覚です。

 

マジで痛い!!

 

小学生低学年の僕にとっては正気を保てる限界ギリギリの痛みでした。

 

そして何より怖いのが、この後なのです。

 

「あと七つぅ!!」

オッサン先生は薄気味悪い表情で言い放ったのです。

 

 

最初の一個は何が起きるか分からないから、ある意味耐えれたのです。

しかし、激痛を知っていて残り七回同じ痛みを喰らうかと思うと真の恐怖です。

 

 

 

ドラゴンボールで言えば、悟空とベジータが協力をして、命からがら、やっとの思いでメタルクウラを倒した時の心境に似ているかも知れません。

もう一歩も動けないぜって感じでメタルクウラへの勝利に安心して、2人で倒れ込むと、丘の上にメタルクウラの大群が待ち構えて居た時の感じです。

メタルクウラ一匹で、こんなにヘトヘトなのに、まだめちゃくちゃメタルクウラ居るやん!!

 

 

みたいな感じです。

 

その後、七回も水イボを引きちぎられ、最終的には医者の顔面に殴りかかろうとする勢いでしたw

 

って事で、これが僕が経験した一番の痛みでした。

 

来ると分かっている痛みが一番怖いのかも知れません……。

 

以上DOSケンダラァでした( *´艸`)

スポンサーリンク