パナソニックの洗濯機のエラーを修理した。業者の対応や料金はいくら?

ま! ドスケンです。

先日お話しましたパナソニックの洗濯機のエラーU12の修理が完了しました。

 

業者に出張修理をしてもらいましたので、その時の事を同じ症状で困っている人の為に書いておきます。

(U-12以外のエラーの人も、出張費や業者の修理の流れ等、共通する部分があると思いますので、お役に立てるハズです。素敵っ!)

 

 

この記事を読むメリットは以下です。

●パナソニックの洗濯機のエラーが出た時の業者の対応の流れが分かる

●パナソニックの洗濯機のU-12のエラーの修理代、部品代が分かる

スポンサーリンク



パナソニック洗濯機のエラーを修理した。業者の対応や料金はいくら?

前回、業者に修理の予約をした話を書きました。

 

洗濯機の修理の予約の仕方が分からない人は、こちらを見て下さい↓

パナソニックの洗濯機が故障した人へ【修理の依頼方法を解説】

 

修理は午前中で予約し、9時半から12時の間に来るとの事で【当日来る前に電話連絡がある】との事でした。

僕は8時頃からスタンバイをし、ブログを書きながら業者の電話を待っていました。

 

何かを待っている時ってそわそわしますよね。

そわっ。

当日の朝、約束通りパナソニックの業者からの電話が来た

9時頃にパナソニックの修理業者から約束通り電話がありました。

 

内容は、本日の修理に10時頃伺いますとの事でした。

早めに教えてくれると助かりますね。

そわそわせずに済みますし、ちょっと用事がある人は済ます事が出来ます。

 

9時半から12時だと、かなり長い間家に居ないといけなくて大変ですもんね。

ぷるぷるしちゃいます。

予定時間通りパナソニックの業者は到着、修理を行う

電話で言ってくれた通り、10時丁度に到着しました。

時間を厳守する男ってカッコいい。

 

ちなみに1人で来ました。

1人で修理できる男ってカッコいい。

そんな感じです。

 

 

到着すると、まずはエラーの説明をします。

そして、おおよその金額を教えてくれました。

(二万円はかからないだろうとの事でした)

 

そして、早速修理に取り掛かりました。

特に問題もなく、40分以内に修理は完了しました。

 

「交換した部品、写真撮って良いっすか?」と聞くと、「良いですよ! どうやったら綺麗に撮れるかな?」

「いや、インスタ映えとか関係ないんで、綺麗じゃなくても良いですよw」

 

ってな感じで撮りました。

 

 

このスイッチの部分の中のギアが悪かったとの事。

部品をそっくりそのまま交換しました。

 

 

ついでに洗濯機をバラして組む時に、サビているネジを全て新品にしてもらいました。

ネジがサビていて、ネジを回せなくなる事もあるらしく、サビているネジを放置しないのは大事との事でした。

 

 

パナソニックの洗濯機の修理代金の支払い方法は?

全ての修理が完了し、支払い方法を聞かれました。

 

●クレジットカードで今から決済する

●代金振り込み(後払い)

 

この二択でした。

 

僕はもちろんクレジットカードで支払いました。

代金を後から振り込みに行く時間なんて無駄でしかないっ!!

パナソニックの洗濯機の修理代金の詳細

 

ちなみに料金の詳細はこんな感じでした。

 

 

合計は15950円

●部品代が4200円

●技術料が6800円

●出張料が3500円

 

思ったより安いなーとは思った物の、やはり高いですよねw

技術料が6800円かぁ……。

 

でも。早くて良さそうな雰囲気の人だったので、まぁ良いかっ!(笑)

 

 

支払いを済ませた後、少しだけ世間話をして、お礼を言い、帰っていきました。

本当にありがとうございました。

 

洗濯機がない生活と言うのは本当に大変でした。

手洗いやってた時代は本当に凄いなオイ! と思いました。

 

文明に感謝!!

 

以上ドスケンでした( *´艸`)

 

 

最新情報をチェックしよう!