お見舞いに行くかどうか悩んでいる人は絶対に行くべきだと痛感した話

ま! ドスケンです。

本日はお見舞いの事について書いていきます。

お見舞いって行くべきかどうか悩む相手っていますよね?

そんな時の話です。

スポンサーリンク



お見舞いに行くかどうか悩んでいる人は迷惑かとか考えなくて良い

同じ会社の人が入院しました。

職場は別ですが、たまに会えば話すくらいの仲の人です。

 

定年退職間際の人でしたが、病気がよくなく、会社は辞めてしまいました。

 

 

 

とっても元気な人だったんですが、今はもう歩く事も出来なくなってしまい、寝たきりの生活になってしまいました。

 

家で療養していたんですが、最近入院をされたと言うことで(体調が悪化した訳ではなく、呼吸器の使い方を覚える為の入院)

お見舞いに行くべきかどうか悩んでいました。

 

 

お見舞いに行くべきかどうか悩む理由。迷惑にならないか?

 

僕がお見舞いに行くべきか悩んだ理由は以下です。

 

 

●同じ会社だけど、同じ部署ではなく、そこまでの仲なんだろうか?

●普段元気な人だから、弱っている所を見られたくないのではないか?

●お土産に何持っていけば良いんだろう?

 

 

現に僕の周りの人たちも、弱っている所を見られたくないんじゃないか?

と言って、行くのをためらっていました。

スポンサーリンク



お見舞いに行くか悩んでるなんて僕らしくないし、時間の無駄

 

でも、思いました。

 

お見舞いに行くか悩んでるなんて、僕らしくない。

どうせ悩むなら、行ってから悩めば良いと(笑)

って事で後輩を連れてお見舞いに行ってきました。

 

お見舞いに行って良かった。絶対に良かった。

 

お見舞いに行ってみると、身体はほとんど動かせないものの、会話は普通にする事が出来、めっちゃ喜んでもらえました。

肌着をお見舞いに持って行ったんですが「何も持ってこなくて良いでな。話だけ聞かせてくれれば」

と言ってくれました。

 

「弱ってる所を見られたくないかって思って来るのを躊躇してたよ」と伝えると

「俺は弱ってる所を見られても全然平気だから、みんなと話したい」

 

と言っていました。

(なので、周りの人にもそう伝えて、お見舞いに行くべきだよと促しました)

 

 

また、いつも元気だった人が寝たきりになっている姿を見たのは本当にショッキングで、色々考えさせられました。

 

人間、いつ何が起こるか分からないし、今出来る事は絶対に今して、毎日楽しまないと!!

って。

 

そして、お見舞いに行くのを理由をつけて躊躇していた自分って何なんだろう?

と思いました。

 

 

また、僕なんかよりも、一緒の部署で毎日働いて居た人とかが、お見舞いに行ってなかったり、人の為にわずかな時間すら使えない人が多いなぁと感じました。

 

 

「お見舞いに行くなら、よろしくって伝えといて」

 

みたいな事を言ってくる人が居ますが、

「いや、直接伝えろや!!」

 

と本気で思ってしまいますね。

 

 

ってかマジで言ってしまうのが僕なんですけどね(笑)

 

こういう所で、人間の本質が見れるよなと感じたワンシーンでした。

 

 

以上ドスケンでした( *´艸`)

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!