爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話1【プランを立てよう】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は面白い話。

学生の頃に沖縄旅行に行ったエピソードを投稿していきます。

これはマジで面白い事が沢山起きた旅行でした。

 

さぁ、さっそく書いていきますよ。

刮目せよ!

スポンサーリンク



爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話1【プランを立てよう】

なんか沖縄行きてぇ。

俺のこの言葉から物語は始まりました。

 

なんか沖縄行きてぇ
から
とりあえず沖縄行こう

へと進化するまでに時間はかかりませんでした。

わずか数時間でそうなりました。

 

 

 

俺は仲間を集めました。

今回はどうせ暇な大学の仲間を集める事にしました。

 

「キョガイトー、沖縄行くぞ!」

俺は近くに居たUMAに声を掛けました。

 

「キタサン、タカシマン、沖縄行くぞ!」

僕はキョガイトと仲の良い二人のメンツにも声をかけました。

 

 

オー!! 全員がすんなりと賛同。恐ろしい奴らです。

一瞬にして四人のメンバーが決まりました。

 

「沖縄かぁ夢の島やなぁ……」

キョガイトがつぶやきました。

 

「沖縄行くにはどーしたら良いんだ? いくら必要なんだ?」

僕は疑問を叫びました。

疑問に浮かんだら直ぐに叫んでいたのです、この頃は。

 

「とりあえず旅行会社行こうよ。そこでパンフレット貰おう!」

キタサンが嬉しそうに言いました。

 

「沖縄祭やな!」

タカシマンが言いました。

多分彼には祭の事しか頭にナイのでしょう。(地元が兵庫で学校を休んで祭りに参加する程好き)

沖縄に行くために旅行店を探す所から

とりあえず熱田のイオンに車を走らせました。

 

 

イオンを目指してはいるものの、旅行会社がドコにあるかすら解りませんでした。

ってか旅行会社がイオンに入っているのかすら知りませんでした。

 

 

なぜなら僕は今まで旅行会社に頼らず生きてきたからです。

いつもノープランで車で旅行していました。

 

しかし沖縄は無理です。

俺の車は水陸両用ではないからです。

 

 

とにかく熱田のイオンに向かいました。

「着いた!ナマハゲ!」

 

「行こう!」

 

「夢の島やなぁ」

キョガイトが同じ台詞を言っています。

ドラクエの町の人かコイツは。

キョガイトの馬鹿を無視し、俺達は熱田イオン内部に潜入しました。

 

 

「旅行会社みーつけた!」

戦慄の祭男タカシマンがすぐに旅行代理店を見つけました。

みーつけた! って言い方が気持ち悪かったが致し方ありません。

 

すぐに店に走りました。

なぜか全員割と全速力で走っています。

 

とりあえず沖縄のパンフレットをもらい、アパートで作戦を立てる

これが僕らの完璧かつ無駄のナイ作戦だ!

 

「イヨーーッ!」

僕は不思議なテンションで片っ端からパンフレットをかき集めました。

 

キョガイトはなぜかハワイのパンフレットを凝視しています。

本当の夢の島を見つけてしまったようです。

 

「沖縄に集中しろ!小さき者よ」

僕はキョガイトの頭をガシッと掴み、持ち上げようとしました。

 

「いたたたーっ!! さすがにそりゃ無理やでドスケンの旦那!!」

 

キョガイトは謎のテンションで突っ込んできました。

 

 

そのまま大量の無料パンフレットを奪取し、ダッシュ!

車に戻り、俺のアパートへ。

急げッ!!

 

アパートでパンフレットを開き、作戦会議。

よく解らん。

 

え?

マジで?

どのプランにすれば良いの?

 

「もう良いや!店員に直接聞こうぜ!」

「それが良い! 俺も全く分からん!」

「イオン行こうぜ! カムバック!」

 

僕らは本日ニ度目のイオンへ向かったのです😃(笑)

なぜ一日に二度もイオンへw

 

着いた。

 

続きます。

 

沖縄旅行の話の続き書きました↓

爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話2【日程を合わせよう】

 

他の長編の面白い話はこちら↓

長編の面白い話、笑える話のまとめ【全部実話の超絶エピソード集】

スポンサーリンク