爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話6【うるさい宿泊客】

ま!ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日も爆笑の長編エピソード。沖縄旅行での面白い話の続きを書いていきますよ☺

 

泊まったホテルで深夜に騒ぎまくるパリピグループとのバトルはいかに!!

 

 

前回までの話を読んで居ない方はこちらを先に読んだ方が楽しめます↓

爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話1【プランを立てよう】

 

スポンサーリンク



爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話6

「マジで静かにしろやタコス!」

【は、はい。】

 

「わかったかタコス! お互い沖縄が嫌な思い出に変わっちまうぞ! そんなの嫌だろ? ここは夢の島でなくてはならない! そうだろう!? あ?」

 

「は、はい!」

 

「どの立場の人の意見なんだよw」とタカシマンが突っ込みます。

 

「女連れで迷惑を起こすんじゃねーよタコス!」

 

「いかん! ドスケンさん、もう帰るぞ! 祭は終わりだ!」

 

「このタコス!」

 

「なんなんだよタコスって帰るぞ!」

 

「タコの複数形だよ! ターコースー!」

 

言い足りませんでしたが、僕らは自分らの部屋に戻りました。

スポンサーリンク



自分の部屋に戻ってウルトラリラックスしよう

「よう、お疲れさま。一気に静かになったな」

部屋に入るとキタサンが言いました。

 

「おう。調子に乗った大学生って感じだったよ」

 

「あいつらドスケンさん見てビビってたで!(笑)」

 

「そりゃーこんな異様な闘気を放つ筋肉なヤツ来たら嫌やわ」

キョガイトが言いました。

 

「そりゃー!」

俺はキョガイトを持ち上げ、カナディアンバックブリーカーをしました。

 

 

ぎゃっ!!

 

 

「もう疲れた。寝よう。明日6時だぞ!馬鹿!なのかよ」

 

「そうや。はよ寝よう」

 

「俺はすでに寝てるよ」

 

皆眠りにつきました。

 

一時間くらいたったでしょうか。

 

 

ダダン

キャハ

キャハハハ

キャハハハハハハ!!

 

「な、なんだ?」

僕は目を覚ましました。

 

「上や、上のヤツらが騒ぎだしたで。まるで祭りの様に」

 

「またかよ! 踏み潰してやる!!」

 

「ナメてんのか俺を!!」

僕は跳び起きました!

「祭か!また祭なのか」

 

「ドスケン、はよ行ってこい。黙らせろ」

 

キョガイトが寝ころびながら言いました。

 

「君も僕をナメているみたいだね」

僕はキョガイトのフトンを剥ぎ取りました。

 

「いやーっ」

 

「いやーっじゃねーよ小さいオッサン!オマエが黙らせてこい!」

「いやーっ」

 

「それ面白いな!キョガイト、行ってこい!」

 

キタサンがフトンから顔を出さずに言いました。

こいつは眠気がマックスみたいです。

 

 

「行ってこい! 他力本願野郎!」

俺はキョガイトのケツをカンチョウしました。

 

ブスー

「いやーっ!」

 

「でた! ドスケンさんの、おかんちょうサービスw」

 

タカシマンが嬉しそうに叫びましたw

 

「ほな、行ってきますぅー」

キョガイトが歩きだした!

本当に行く気だ!(笑)

 

なんか、やけに堂々とした出で立ちは、ハンターハンターのキルアの爺さん、ゼノの様にみえました。

 

 

 

 

続きます。

 

 

続きはこちら↓

爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話、完結編【迷惑な旅行客を成敗】

 

スポンサーリンク