爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話4【夜のホテルでまさかの事態】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は爆笑の長編エピソードを公開していきます。

爆笑の沖縄旅行の話の続きになります。

 

今までの話を読んで居ない方は、こちらを先に読んだ方が楽しめますぞい↓

爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話1【プランを立てよう】

 

いよいよ沖縄に出発した四人。

僕らを待ち受けているのは一体……。

 

スポンサーリンク



爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話4【夜のホテルでまさかの事態】

やっと沖縄に到着した愚かな四人組。

テンションはマックスです。

 

「いきなりラーメン食べようよ!」

キタサンが到着早々腹減り状態の様子。

 

「あの看板の店とか、良いんじゃない?」

キョガイトが珍しく看板を指さし有益な情報を提供してきます。

やはり沖縄は人を変えるようです。

 

「いてこましたれ! ラーメン祭りや!」

この男は沖縄でも祭り祭りと変わっていません。

 

僕らはキョガイト推しのラーメン屋に車を走らせました。

 

 

ここは沖縄。

キョガイトいわく夢の島。

強い日差しと夏の海。

車内には男のみ。

 

「おいドスケン、見て見ろ。テレビチャンピオン優勝って書いてあるで」

 

キョガイトがテレビチャンピオン優勝という微妙な謳い文句をみつけ、調子に載っています。

 

「テレビチャンピオンの何で優勝したんだよ。全然分かんねーなこの店w」

 

「そんな事は良いから、早く店に入ろうよ!」

キタサンは腹が減りすぎて突進する前のサイみたいになっています。

 

僕らは秒速で店に入りました。

与沢翼よりも秒速でした。

ぶっちゃけ何を食べたかなんて、あまり覚えていませんが、ラーメン以外にミミガーやゴーヤチャンプル等を食べまくりました。

 

キョガイトが箸を持ってない方の手をブランと下に垂らして食い続けているので、全員に注意されていました。

夢の島でも食事マナーを注意されるキョガイト。無念のリタイア(テレビチャンピオン風のナレーション)

 

この店の料理は全てがこってりとしていて、帰りの車の中でキョガイトの顔面が油分でテカっていたのを覚えていますw

まるで元気だった頃の板東英二ばりにテーカテカ。でした。

 

 

沖縄料理最高っ!

 

沖縄のホテルでのひと時

そんな事よりも、この旅行で一番思い出に残っているのは疲れ果ててホテルに泊まった時の事なのです。

って事で一気に夜まで時間を吹き飛ばしますね(ただの旅行の話など聞きたくないであろう)

 

「今日は楽しかったな!」

「おう! 沖縄最高! ラブだよマジで」

「沖縄祭りやな!」

 

男四人で談笑していました。

皆で風呂に入り、一息つきます。

 

「今日は動き回ったし、飯も食いまくったし、明日も早くから行動したいし、キョガイトを沖縄の海で胴上げしないといけないし、もう寝ようか?」

キタサンが提案しました。

 

「まぁのー! 中学生みたいに夜中に枕投げしてる場合じゃねーしな」

明かりを消し、四人は布団に潜り込みました。

 

「こら! ドスケン! 自分の布団で寝ろよ!」

キョガイトが大絶叫します。

 

「キョガイトハン、困りますわぁ!」

僕はキョガイトの大家の真似をしましたw

 

「その真似だけは辞めろ!! 残酷な記憶が蘇る!!」

ギャグの分からないキョガイトが暴れ出しました。

(この大家との話は既に書いていますので、よければ探して下さいW←リンクしろよ)

 

そんな冗談をしていると、なんだか本気で疲れてきました。

もうキョガイトとか無視して眠る事にしました。

小さな虫は無視に限ります。

 

ドン!!

 

ドンドンドン!!

 

ぎゃーはっはは!!

 

僕が眠りに落ちた瞬間、凄まじい音が聞こえてきました。

 

ドスケンの顔

 

くぅーっ!!

完全に目が覚めた。許せねぇ。

 

「う、うるせぇ。なんだこの音は!」

 

「ドコからか聞こえてくるでぇ」

 

キョガイトが布団から出て、立ち上がっています。

 

 

まるで砂漠のミーアキャットの様です。

小動物なので、危機に敏感なのでしょうか。

 

 

続きます♡

 

 

続きを書きましたよぉ!

爆笑の長編エピソード!沖縄旅行での面白い話5【調子に乗るパリピグループを成敗】

 

他の長編の面白い話も書いています↓

長編の面白い話、笑える話のまとめ【全部実話の超絶エピソード集】

 

また明日も見て下さいネ(^^)/

スポンサーリンク