人間の怖い話【深夜の道路で輩に追いかけまわされて事故した友人】

深夜の道路で輩に追いかけまわされた話

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は人間の怖い話を投稿します。

輩に追いかけまわされて事故してしまうと言う、恐ろしい話です。

身の毛もよだちますね。

 

 

ちなみにこれは僕の友人フラミンゴの話になります。

その時一緒に居なくて良かったと心から思いましたw

夜中は怖い事が沢山。怖い目に合いたくない人は夜中の外出を控えましょ。

 

スポンサーリンク



 

人間の怖い話【深夜の道路で輩に追いかけまわされて事故した友人】

僕の友人のフラミンゴは、週末の夜中、友達と遊んでいました。

 

男二人でブラブラしていたそうです。

一緒に居る友人は仮面野郎と言う、小柄な眼鏡をかけた男です。

(それしか身体的情報はない)

 

 

仮面野郎の運転で、フラミンゴは助手席に座っていたそうです。

「おい仮面、喉が渇いたぞ。フィーバーフィーバー!」

 

「じゃあ、近くのコンビニに行こうか」

 

優しい仮面野郎はフラミンゴの為にコンビニに寄りました。

これが全ての間違いだったのです。

もっと言えば夜中にウロウロしているのが間違いだったのかも知れませんw

 

深夜のコンビニで輩に目をつけられてしまう友人

ジュースを買い、コンビニの外で飲んでいると、急に店内から輩が踊り出てきました。

(マジで踊りながら出て来たそう)

 

なにかヤバイ予感がした二人は、そそくさと車に戻ったそうです。

 

すると、それを見た輩が

 

「見つけだぞ!!」

 

と、大声を出して車に走ってきたそうです。

 

「え!? なんなの!?」

慌てる仮面野郎。

 

「車を出すんだ!! フィーバーフィーバー!!」

 

フラミンゴは、こんな顔をしており、身長も190近くあるのですが、完全なる非戦闘員なのです。

よって繰り出される選択は【逃げ】一択です。

 

慎重160センチくらいのヒデちゃんとバトルした時はローキックを喰らいまくり戦闘不能となり、僕とスパーリングした時には右フック一発で一回転して後方に吹っ飛んだ男ですw

急いで逃げるフラミンゴ一行。
よりによって、大雨です。運転がしにくい。

もちろんスリックタイヤなんではいていません。

 

輩は雨など関係ないと言わんばかりに、とんでもないスピードで輩が追ってきます。
セダンのいかにも下品な車です。

 

これは捕まったらどうなるか分からない。

 

深夜のレースが始まったのです。
まさに公道の狼w オンザロードハスラー!

 

運転が特に上手い訳でも、スピードが出る車でもない仮面野郎。
車は確か変わった色のキューブだったと思います。

 

これがフラミンゴの運転だったら、ぶっちぎって逃げれていた可能性はあります。
(フラミンゴはレース入賞経験あり。大きく成長しすぎてコックピットに入れなくなった為にレースを辞めた男。まさに逃げのフラミンゴ)

 

すごいスピードで追ってくる輩に動揺した仮面野郎。

 

先を急ぐあまりハンドルさばきが雑になってきます。

 

うぁあああーーーー!!!

ドガーン!!!

 

 

なんと中央分離帯に激突してしまったのです。

 

……。

「だ、大丈夫か仮面野郎」

「あ、あぁ。すまねぇフラミンゴは無事か?」

 

なんとかフラミンゴも仮面野郎も無事でした。
しかし車は廃車。

 

 

大雨のふるなか、車から出て立ち尽くす二人。

すると、そこに追っていた輩が現われます。

 

2人を見た輩は近くのコンビニに入っていったそうです。

どういう事だ!>

そして、すぐに出てくると、袋に入った新品のタオルを手渡してきたそうです。

 

「おい、大丈夫か?」

 

そしてタオルを渡すと、警察が来る前に消えていったそうです。

 

「タオル買ってくれるなんて実は良い人だよな」

後日談として、フラミンゴは僕に話しました。

 

良い人の訳ねーだろ!!www

明かに誰かと間違えて追いかけて、事故ったからタオル買って何とか取り繕ってるだけだろが!ww

 

 

まぁ二人共無事だったので良いとしましょう。
今の時代なら、ドライブレコーダーで一発で犯人特定ですね。

 

みなさんも、ドラレコはつけるようにしましょうね。
こんな狂った輩がいつ追ってくるか分かりませんよ。

 

って事で以上人間の怖い話でした( *´艸`)

 

 

他の人間の怖い話はこちら↓
それではまた明日(^^)/

スポンサーリンク