なめられやすい人必見の対策方法!他人にナメられない、たった1つの簡単な方法

舐められやすい人

ドスケンです。

本日は生きる上で超大切な事を皆さんに伝えたいと思う。

それは、他人になめられない方法である。

 

身体を鍛えるとか、格闘技を習うとか、そういう事じゃなくて、もっと簡単な事。

 

それは笑わない事である。

 

え? どういう事って思う人も居るかもしれない。

それでは説明していこう!!

 

スポンサーリンク




なめられやすい人必見の対策方法!他人にナメられない、たった1つの簡単な方法

 

どんな人間関係でも【会った瞬間から、ゴリゴリに舐められまくる】と言う事はない。

 

他人を舐める人間と言うのは、【こいつは舐めても良い人間だなと】徐々に判断して舐めていくのである。

(クズの思想とは、そういうもの)

 

まずはジャブを打ち、ジャブに反発しないようならストレートを打つ。

 

そんな感じで、人間関係が構成されていくのである。

もしくは、他の人に【そうやられている】のを見て、こいつは舐めても良いなと判断するのである。

 

僕の経験上、なめられやすい人と言うのは、笑っている。

 

もちろん、毎日ニコニコして生きるのは平和で良い事だが、自分にとって嫌な事をされて笑っている人というのが居る。

 

そんな人は舐められやすいのだ。

 

 

 

思い出してほしい、中学や高校で、殴られているのに笑いながら「やめろよ~」とか言ってる人は居なかっただろうか?

 

また、悪口を言われているのに笑っている人ってのも居る。

 

つまり、自分にとって嫌な事が起きた時に、笑ってはいけないのである。

 

 

僕の好きなアーティストにDJ MUNARIというアーティストが居るのだが

日本のヒップホップは何か違うと思った彼は所持金700円でNew Yorkに行き、ホームレス生活をしながらヒップホップで成り上がった男である。

その人の楽曲で、仲間が黒人のギャングと交渉しにいくと言うシーンがあるのだが、その時に

「いいか、絶対に笑うんじゃねーぞ!!」 と言っているシーンがある。

 

まさにその通りなのだ。

 

この笑うと舐められるというのは海外でも共通なんだなと思った一コマであった。

 

これね↓

 

 

嫌なことをされた時や、嫌な事を言われた時は、決して笑わずに無表情で「は?」と言おう。

 

これだけで、あぁこの人には冗談でもこーゆー事したらダメなんだなと思うのである。

 

舐められない方法実例

 

先日も会社で僕が歩いていると、久しぶりに会った先輩が後ろからホウキでカンチョウしてきたんですよ。

 

僕は一切笑う事なく、ホウキを取り上げ「何してんだアンタは!」と言いましたからね(笑)

こうすれば、舐められる事はありませんw

 

 

ココで笑いながらケツを押さえたりしていたら、会うたびにケツをカンチョウされる事になるでしょう(笑)

 

それが良いならそうすれば良いんだけどねw

 

僕はケツを会うたびにカンチョウされる人生なんて嫌だからさ( ゚Д゚)

 

って事でドスケンでした(^^)/

 

 

 

スポンサーリンク




舐められやすい人
最新情報をチェックしよう!