筋トレノートに記録した方が良い事(トレーニング成果が分かる為に必要な事)

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は筋トレの効率を上げるための記事を書いていきます。

 

熱心に筋トレをしていて、データを取っている人なら筋トレノートをつけていると思います。

そんな筋トレノート。

 

筋トレノートの記事はこちら

筋トレの効率を超絶上げる方法はノートを付ける事【マジで簡単で効果大】

 

こんな事も書いておくと、さらに効率が良くなるよ。と言う事を追記で書いていきます(^^)/

いざ尋常に見てくだされ。

 

スポンサーリンク



筋トレノートに記録した方が良い事(成果が分かる為に必要な事)

筋トレノートに最低限書く事は、使用重量と、回数。そして何セットやったかです(^^)/

(これは皆書いていると思います)

もちろんコレだけ書いて居れば自分の成長が分かるのですが、それ以外にも書いておいた方が良い事がいくつも見えてきたので、ここで発表しちゃいます(^^)/

 

筋トレの順番を記入しておく

まずは筋トレの順番です。

例えば家で筋トレノートを書いていき、それを見ながらジムでトレーニングしたとします。

 

しかし、ジムは混み具合によって、やりたいマシンをやりたい順番に出来ませんよね?

ベンチプレスからやりたかったけど、混んでいたのでチェストプレスからやった。

 

とか、順番が分かるようにしておけば成長が分かりやすいです。

 

ただ、番号を頭にふれば良いだけなので、労力もいらず、簡単です。

 

1.ベンチプレス

3.チェストプレス

2.ディップス

4.ダンベルフライ

 

こんな感じで記入しておけば、次回ジムの時に数値の参考になります。

(あ、今日はダンベルフライの重量が落ちてるけど、前回は1番最初にやったから重い重量いけたのか。今日は4種目目だから仕方ないな等)

 

また、いつもは最後の方にやる種目を最初にやってみようかなと、マンネリ化防止にも役立ちます。

順番変えるだけで、全然違う効果になりますからね( *´艸`)

やはり一番最初の種目は一番重要です。

スポンサーリンク



インターバル(休憩時間)を記録しておく

インターバルはかなり大事です。

30秒しかインターバルをとらないのと、2分休むのでは全然出来る量が変わってきます。

インターバルを測ってない人は測るようにした方が絶対に良いですよ☺

 

毎回同じ秒数じゃないと、前回より回数出来ても成長したかどうかは分かりにくいです。

 

なので

 

ベンチプレス 2分

ダンベルフライ 1分

 

とか、最後に書いておくと分かりやすいです(^^)/

 

いつもは2分だけど、今日は30秒にしてみよう。

とか、変化をつけるのも筋肉への刺激が変わって良いと思います。

 

食事やサプリメントを記録しておく

筋トレ前に摂取した食事やサプリメントも書いておくと便利です。

これはちょっと面倒ですが、カフェイン飲んだ日は調子よいな!

とか、減量してる日はやっぱり力出ないな。

とか振り返ると分かります。

 

筋トレの出来高は本当に色々な要因で変わるので、細かく書いておけば置くほど、後々の参考にはなります。

しかし、食事やサプリメントまで書くのは結構面倒です。

 

続けられなくなるようなら、書かなくてもオッケーと思います(^^)/

超減量してる時だけ書くとか。

 

減量中!!

とかねw

それなら楽そうです(^^)/

 

マシンの角度や高さも記入しておくと便利

ジムのマシンの椅子の高さや、位置は記入しておいた方が良いです。

位置が違うと、全然変わってきますからね。

 

こーゆーのや☟

 

こーゆーのの事です(^^)/

二か所以上、角度や高さを変えれるマシンもあるので、べスポジを探すのが大変なんですよねw

なので一度見つけたら、絶対メモっておきたい。

(そのうち覚えますけどね)

 

 

 

筋トレノートに記録した方が良い事まとめ

いかがだったでしょうか。

以上が筋トレノートに記録した方が良い事でした。

 

自分の筋トレノートに是非取り入れて見て下さいネ(^^)/

ただ、細かくやりすぎて大変さを感じて苦痛にならないようには注意が必要です(^^)/

 

気楽に押さえるとこだけ押さえて筋トレを継続していきましょう( ゚Д゚)

 

以上DOSケンダラァでした( *´艸`)

 

 

他の筋トレ記事はこちら↓

自宅トレーニング歴10年以上の筋トレ知識を全て濃縮した超まとめ記事

また明日(^^)/

スポンサーリンク