マーダーゼイフォールの思い出5【名古屋の最凶イベントを堪能せよ!】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日も元気に投稿していきますよ(^^)/

仕事で久しぶりに残業をしてヘロヘロです。くそったれ!

 

って事で(何がって事だw)

今日もヒップホップな記事の続きを書いていきます(^^)/

 

マーダー!!

 

前回までの記事を読んで居ない方は、こちらからどうぞ☟

マーダーゼイフォールの思い出【名古屋最大級のヒップホップハードコアイベント】

 

よし、行こう!

 

スポンサーリンク



マーダーゼイフォールの思い出5【名古屋の最凶イベントを堪能せよ!】

遂に僕らはマーダーへ突入。

 

ステージではギャンクスタキューとAKが歌を歌っていました。

(今やAKは全国区の有名人ですね)

 

しまった。

フラミンゴの言った通りでした。

こんなデカいイベント、前座なんてないのです。

もはや全てがメイン!!

 

 

かなり見逃したなこりゃ!

 

僕らは頭をフリながら前の方を目指しました。

イベントでは最前列を目指すのが僕らのやり方なのです。

 

インドは僕の後ろにドラクエのパーティーのように着いてきていました。

 

まるでダサい奴と服屋に入った時みたいな感じですww

面白い話を短編でどうぞ【ダサい人と服屋に行くと、ドラクエになる】

 

それにしても、すっげー人の数。

ハードコアな奴らが多かったので、いつものCLUBの客層とは違います。

 

僕らが前の方に到着すると、ライブが一旦終わりました。

すると前例にいた、Bボーイが後ろに下がりだしました。

「なんだ!?」

ゴボウが違和感に敏感に反応します。

 

すると、入れ墨をいれまくってるハードコアな奴らが前の方に躍り出てきました。

 

「やべぇぞ! 今からハードコアになるんだ!」

フラミンゴが叫びました。

 

ギャオオオン

ギターの演奏と共に、ハードコアな奴らが暴れ狂いだしました。

リズムの取り方が、ヒップホップとは違う!

 

 

ギャオオオ!

ギャオオオ!

すげー暴れ方だ!

 

「おい! ドスケン! 避難だ!後ろに下がるぞ!」
ゴボウが叫びます。

ギェーッ!ギャギャギャオオオ!

確かに、このノリは危険だ!

 

ダダダダダ!ドドド!

今コケたら下手すりゃあの世行きです。

 

 

ギターが鳴り響く中、僕らはカウンターの方に避難しました。

 

 

なんてスゲー奴らなんだ。

 

「あっ!インドがいない(笑)」

「本当だ!」

気が付けば、インドとはぐれていましたw

 

「まぁ良いよ!ドリンク二杯飲めるんだよな?」

ゴボウはチケットを取り出し言いました。

 

「頼もうぜ!」

僕らはインドの事は諦め、ドリンクを注文しました。

興奮気味な体にドリンクが入り、テンションが上がってきました。

 

ギャオオオン!

たまに暴れまくったハードコアの奴らが飛んできます(マジですよ)

 

「うぉっ!」

ゴボウは両手で体をガードしていますw

ドガン!

ゴボウは軽く吹き飛んでいましたww

 

「ばはははははは!(笑)」

ギャオオオ!

オン。

 

突然、音が鳴り止みました。

ハードコアの演奏が終わったのです。

 

 

スクリーンに次のアーティストの名前が出る。

ヒップホップだ。

続きます。

 

多分明日書きます!

残業になったら書けませんw

許してちょんまげ

スポンサーリンク