他人のトイレの後に即入ると悶絶する程臭かった話【女性でも動物級の匂い】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです( *´艸`)

本日は女性ファンを一気に失いそうな記事を書いていきます( *´艸`)

 

僕はファンとか気にしないタイプのブロガーなのです。

ふふっ。

 

さぁ、それでは書いていくぞ。

凄まじい話をなぁっ!!

 

忙しいから見直しとかせずに10分で書くww

スポンサーリンク



他人のトイレの後に即入ると悶絶する程臭かった話【女性でも動物級の匂い】

これは社会人になってからの話です。

 

僕は12時に金山駅にて待ち合わせをしていました。

待ち合わせの相手は大学の友達です。

 

待ち合わせの一時間も前に到着した僕は、アスナル金山駅に向かいました。

なんだか肛門感の強い名前ですが、気にしないで下さい。

 

アスナルをうろうろとして、いつも通っていた皮細工の店に向かいました。

皮の財布が欲しかったからです。

当時の僕は革細工が好きだったのです。

 

あら!?

 

なんと、目的の店は無くなっていました。

あんな良い店が潰れるなんて…..。

 

僕は時代の流れをひしひしと感じていました。

まぁ仕方がありません。

形あるものはいつか消えるのです。

 

僕はアスナル金山を出て、金山駅の南口に向かいました。

 

うーん。beautiful。

やっぱりここは僕のパワースポットだ!!

毎夜溜まっていたのを思いだします。

ここに来るだけで元気を貰えるのです。

 

 

 

僕は自分の身体に大きな力が流れ込んでくるのを確かに感じました。

 

そして、強い便意も確かに感じました。

 

「やべ! 洒落にならんて!!」

 

待ち合わせ前にアトミックボムが投下されたらパンツの中が焼け野原になってしまう。

 

僕は急いでファミマに駆け込みました。

昔から、このファミマには世話になっています。

今日も便所を借りるぜ! 世話になりまーっす!!

 

前にも言いましたが、僕の肛門様はトイレが近くなると気を緩める傾向があります。

【傾向と対策】とか頭が良さげな奴がよく言いますが、対策なんて出来ねぇんだよハゲ!

 

ゆるりゆるり。

 

肛門様から印籠がハミ出しそうになりながら、トイレのドアを開け….。

 

開かない!?

ドスケンの恐怖の顔

 

誰かが入っています。

 

クローズ!?

 

開かぬぅ!!

 

「コラ!!!」

 

気が付くと、僕は大声で叫んでいました。

 

トイレの中の人。

そして僕自身の肛門様へ向けた鼓舞であります。

どんどこどん!

 

 

続く。

(こんな話を完結させずに続けるなよw)

スポンサーリンク