毎日更新!☚(꒪ټ꒪☚)

人間の怖い話【車の中に居た人が……。】ガチの実話です。

人間の怖い話。

人間って結局生きてる分一番怖いですよねって話になります。

今回は笑える怖い話でなく、ただ怖かった話です。それでは行ってみましょう。




人間の怖い話【車の中に居た人】

 

その日、俺は会社の先輩二人と出張に行くことになっていた。

ハイエースに乗り込み、50キロくらい先の目的地に向かっていた。

 

 

先輩に運転をさせ、俺は後部座席でリラックスしていたのだ。

 

「おいドスケン、次の休憩で運転交代しろよ」

「いやですよ先輩、僕は運転するのがめっちゃ嫌いなんですよ! なにが次の休憩ですか。球形みたいな体形して!!

休憩なんて無しですよ!」

「ちくしょう! なんて後輩だ!!」

 

そんな感じで目的地へ進んでいた。

 

 

信号待ちで隣に怪しいヤン車が停まった

 

「ちっ信号赤だ」

先輩は赤信号で停止した。

 

そこにボボボボボボボと、うるさい車が横に停まった。

 

 

!!!

 

運転手の顔がマジでヤバイ。

 

どう控えめに言ってもヤ●ザだ。

 

「おい、ドスケン、なんか隣に変な車が停まったぞ」

 

「知ってますよ! 窓開いてないでしょうね。聞こえますよ」

 

 

俺はそういいながら、後部座席の窓から横の車を見た。

 

 

その時に、凄まじい衝撃の光景が広がっていたのだ。

 

 

凄まじい目つきをしたスキンヘッドの男が後部座席に座っていたのだ。

もう、今まで見た事ないくらい凶悪な目つきなのだ。

 

しかも、ここからがめっちゃ怖い所なのだが…..。

 

 

なんと、ナイフを舌で舐めていたのである!!!(笑)

 

 

いや、マジだからね!!

 

こんなシーン、漫画でしか見た事ないんだけど、マジで舌をめっちゃ出して舐めてたのよ。

べろべろと。

 

なんなのコイツ?

呪われし剣を装備しちゃったの?

 

これさ、もし急ブレーキ踏まれたら、舌飛んでっちゃうんじゃないの?

と恐怖に感じたのであった。

 

 

「先輩、隣の後部座席にとんでもない男が座っています。絶対に見ないで下さい」

 

 

「う、うぁああああああああああ!!!!」

 

先輩は青信号になった瞬間、すごい勢いで発進した。

 

「見るなって言ったでしょ!!!」

 

「こ、こえぇええ!! なんなの、あの人? いや、人か?」

 

「人なのは間違いないですよデブ」

 

「デブって言うなよ!!!」

 

やっぱ一番怖いのはお化けや幽霊じゃなくて生きてる人間ですね。

ちゃんちゃん。

 

怖い話まとめてます

 

 

 

スポンサーリンク



怖い話(車の中)
最新情報をチェックしよう!