身近にあった驚いた話【急に人が倒れて呼吸停止】自分に何が出来る?

NO IMAGE

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

実は最近恐ろしく驚いた話がありました。

 

突然の事態に冷静に対応できる人間になりたいものですね。

それでは何が起きたかを

書いていきます。

スポンサーリンク



身近にあった驚いた話【急に人が倒れて呼吸停止】何が出来る?

先日の事。

僕はあるイベントに出掛けていました。

プライバシーの為、何かは伏せておきます。

(もちろん、しっかりとコロナ対策をしたイベントです)

 

 

コロナにより、ほとんどの行事が中止になっており、僕自身久しぶりのイベントでした。

楽しみにイベントを見ていると….。

 

ドサッ

 

3メートルくらい離れた所から音がしました。

 

ドスケンの恐怖の顔

 

 

おばあちゃんが倒れてる!?

 

「大丈夫ですか!?」

 

すかさず近くにいた女性が声をかけています。

 

「息をしてません!」

 

救急車! 僕はスマホを取り出し、救急車を呼ぼうとしました。

すると、既に三人もの人がスマホで救急車を呼ぼうと電話をしていたのです。

 

さすがに電話はもう必要なさそうです。

 

何か僕に出来る事は……。

 

そう考えていると、一人の方がAEDを持ってきました。

 

そして、カラーコーンでお婆ちゃんの周りに人が集まらないように囲っています。

1人の女性が自分の着ていた服をお婆ちゃんの頭の下に敷きました。

 

なんて手際の良さだ。僕が近くに居たらむしろ邪魔をしてしまいそうです。

 

数秒後。お婆ちゃんは目を覚ましたのです。

時間にして、倒れてから30秒くらいだったと思います。

 

「あれ!?」

 

 

「お婆ちゃんは意識を失って倒れていたんですよ」

近くに居た女性が話しかけると、「何も覚えていないよ」

と言っていました。

 

会話が出来るなら一安心でしょう。

 

すると、お婆ちゃんの家族であろう僕と同じくらいの年齢の男性も来ました。

とても心配した様子でした。

 

しばらく安静にしていると、数分で救急車が到着し、お婆ちゃんは救急車の中へと運ばれて行きました。

 

 

良かった。

本当に良かった。

 

 

そして、この人たちの手際の良さは一体!?

 

僕も会社では手際のよい方ですが、全ての人が僕より動きが良かったと思います。

 

お婆ちゃんが倒れたのが、イベントの本部テントの近くだったのが良かったのでしょうか。

もしくは医療従事者が居たのかも?

 

そして、写メや動画を撮っているアホも居ませんでしたし、全ての人間が常識ある動きをしていました。

 

なんにせよ、こんな時に正しい動きを素早く取れる大人にならないといけないなと思いました。

 

いつこのようなシーンに遭遇するか分かないですからね。

このようなYouTubeの動画を観るのも大切な事だと思います↓

 

以上DOSケンダラァでした( *´艸`)!

本当に良かった!

 

 

スポンサーリンク