信じられない話【心優しい友人の凄い気遣い】ガチ実話っ!!

ま! ドスケンです。

本日は信じられない話を一つ。

 

心優しき友人の気遣いについての話です。

 

 

今回登場する友人はキョガイト。

身長156センチ、体重35キロくらいのオッサンの話になります。

スポンサーリンク



信じられない話【心優しい友人の気遣いが凄い】

これは僕らが大学を卒業したばかりの頃まで遡ります。

23歳くらいの僕たちの話。

 

僕は学生時代にプリマクラッセというブランドのキーケースを使っていました。

(世界地図の柄のキーケースです、見た事ありますよね?)

これ↑

 

 

それで、働き始めて金が出来たので、新しいキーケースでも買うかって事で、買い物に行ったんですよね。

(何を買ったかは忘れたけど、新しいキーケースをゲットした)

 

そんで今まで使っていたキーケースを、超軽い気持ちでキョガイトにあげたんですよね。

「おうキョガイト、お前のキーケース、ボロボロじゃねーか。俺新しいの買ったから、このキーケースやるわ」

 

そんな感じ

 

 

で!

 

 

僕は、10数年も前の話ですから、そんな事、記憶から吹き飛んでいたんですよね。

 

そして現在へ物語はシフトする

 

そして、物語は現在になります。

先日、友人数名とバーベキューをしたんですが、その時のキョガイトのセリフです。

 

「おう、ドスケン。俺最近新しいキーケースを買ったから報告させてもらうわ。ありがとな」

 

 

??

 

 

「あ? そりゃ何の報告だ? なんで俺にキーケースを買った報告をするんだ?」

 

 

「お前がキーケースくれたやろ。それを新しいキーケースにしたから報告したんや」

 

 

 

 

でーっ!!!

 

 

甦る記憶。

タイムマシーン!!!

 

あ、あげてたわ!!

確かにキーケースをあげた!!

 

 

 

「お、おまえ、あのあげたキーケースを10年以上も使ってたのか!?」

 

「そうや。さすがにボロボロになってきたから、悪いけど買い替えたんや」

 

 

なんて男だ!!

 

そして、なんて心優しい奴なんだ!!!!

 

 

それだけの話。

 

 

 

キーケースを10数年も使うなんて、最後はどんな状態だったんだろうw

 

ってか俺が二年は使ってたので、すでに結構damageあった状態だったと思うんだが……。

 

 

 

ちなみに、キョガイトがスーパーの会計の時に超ボロボロの財布を出していました。

 

いや、財布も交換しろや!!

 

 

以上ドスケンでした( *´艸`)

 

 

他の信じられない話も見てくださいね!

信じられない話まとめ【とんでもなく面白い実話の短編集】

 

 

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!