抜糸後の傷にキズパワーパッドは危険。手術の傷が開くぞ!実体験!

僕は手術をして、抜糸後すぐにキズパワーパッドを貼っていました。

【手術の傷跡が綺麗になるのかな】と思っての行為です。

 

しかし、それが思わぬアクシデントを招く事に……。

 

それでは手術後、抜糸後の傷にキズパワーパッドを貼ったらどうなるのかを、詳しく見て行きましょう。

 

レッツゴー!!

 

皆は同じ目に合わないようにね

スポンサーリンク



抜糸後の傷にキズパワーパッドは危険。手術の傷が開くし痛い!

前回、腕に出来たシコリ(粉瘤)を手術して取り除いた話を書きました↓

粉瘤の手術してきた!痛みは?時間は?豊橋市民病院でオペ!

 

 

そして、抜糸後少しでも治りが早くなるかなと思って、抜糸後の傷にキズパワーパッドを貼ってたんですよね。

(医師からの指示ではなく、勝手にやってるんですよ)

 

 

だってキズパワーパッドって凄いじゃないですか。

怪我すぐ治るし。

綺麗になるし。

 

 

まさか、そんな信頼と安心のキズパワーパッドに逆襲を受けるとは……,

 

キズパワーパッドの粘着力は凄まじい。風呂入って剥がすときに傷口が!

キズパワーパッドを貼って、次の日の事。

 

仕事終わりに風呂に入ると、キズパワーパッドがねちゃねちゃになったんですよね。

(術後の傷をそのまま風呂の浴槽につけてる僕にも問題がありますが)

 

で、さすがに取り替えようと思って、キズパワーパッドを剥がすと……。

 

ヤバイくらい皮膚が引っ張られるんですよ。

 

お、おい。大丈夫か? この引っ張り応力は!!!

 

でも、ここまで来たら剥がすしかない。

 

そして、無理に引っ張ると傷口ぱっかーん!!!

 

流血!

 

 

サイバイマンの頭のように、真っ二つに割れた傷。

切ったばかりの頃の勢いを取り戻したかのように流血。

大仁田厚かと思うくらいの流血です。

 

 

し、しゃれになんねぇ!!!!

 

 

僕はメッチャ焦りました。

そして直ぐに近所の整形外科へと駆け込みました(笑)

 

キズパワーパッドを貼る際の注意点

ここで今までの経験を踏まえてキズパワーパッドの注意点を書いていきます。

キズパワーパッドは確かに傷跡が綺麗に治りますが、粘着力がとっても強いです。

(毛が生えている個所に貼ると、剥がすときに必ず毛が抜けて痛いです)

 

抜糸直後の傷には絶対に貼らないようにしましょう。

(剥がすときに、引っ張られ、爆裂します)

 

 

また、抜糸後ではなく、抜糸前。手術後の傷に貼るのも危険です。

剥がすときに糸が引っ張られてしまいます。

下手をすれば、糸が千切れたり、肉が千切れたりしかねません。

恐ろしいですね。

 

 

これが俺が今回学んだ事です。

本当に大事な事です。

 

そこにさえ注意すれば、キズパワーパッドはとても優秀な商品です。

現に切り傷とかは、とっても綺麗に治りますしね。

家には常に常備しておきたい一品です。(僕も大小数種類のキズパワーパッドを常備しております)

キズパワーパッドにより再び開いた傷口は、どうなった?

そして今形成外科にいます。

順番待ちなうです。

 

また縫うなんて面倒だぜ。

また筋トレできねーよ。

そして、何よりも二回も縫ったら傷跡が汚くなりそうです。

 

 

ちっくしょおおおおおー!!!!

 

追記、整形外科(兼皮膚科)で診てもらった所、これなら縫わなくてもテープで治るとの事。

 

テープを傷口に対して垂直に貼り、傷口を塞ぎました。

 

すぐ治るだろうとの事で、縫い直しは避ける事が出来ました。

今、こんな感じになってます。

いやー再度縫う事にならなくて、本当に良かったです。

 

 

せっかく筋トレできるようになったと思ったのに、また我慢期間の到来です(笑)

動いてないとテンション落ちたりするぜー!!!

 

でも、今度こそ傷跡を大事にして、刺激しないようにしなくてはいけません。

こんな悲しい時こそ、嘘でも笑わなきゃな。

あははははは!!!

 

 

皆は真似して酷い目に合わないようにして下さいネ。

やはり自己流はよくありませんw

 

いくら縫い直しが必要なくなったとは言え、一度開いた傷をテープで閉じている訳なので、やはり傷は汚くなってしまいます。

抜糸後の傷には絶対に負荷を与えないようにしましょう。

 

以上ドスケンでした(^_-)-☆

 

ちなみに、この手術跡の一年後の経過を書いています。

傷跡の薄さはどうなったのか写真付きで時系列に紹介していますので、是非みてみて下さい(^^)/

傷跡を気にしている人の参考になると思います。

 

粉瘤の手術跡は残る?一年後の傷跡を公開(写真付き)

 

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!