笑える話、短編【騎馬戦の作戦、戦術が全てパァ。もはや事故】

騎馬戦

笑える話を一つ。

中学生の時の運動会、騎馬戦での話です。

これはもう、笑うしかない。

スポンサーリンク



笑える話【騎馬戦の作戦、戦術が全てパァ。もはや事故】

 

俺らの中学では、運動会に騎馬戦があった。

男子は上半身裸になり、パンツ一丁で戦うのだ。

 

今の中学生も、こんな山の民みたいな恰好で騎馬戦を行うのでしょうか?

なぜ裸になる必要があるのか分からん”(-“”-)”

 

そして、こんな格好をしている事によって衝撃の出来事が起きるのである。

 

騎馬戦のポジションを決める

 

騎馬戦のポジション分けは、体格とかを見て先生が決めた。

 

俺は騎馬に任命された。

 

しかも左後ろの騎馬。

つまり完全なる脇役だ。

くそったれが。

俺らの騎馬に乗る男は身軽で運動神経がよく、相手の帽子を沢山取ってくれそうな雰囲気が凄まじい男だった。

まるで忍者ハットリ君みたいな感じの奴であった。

 

俺らの騎馬の中心には小野田という、ガッシリした体格の男が選ばれた。

髪の毛が常に寝癖で剃り立っている男だ。

 

しかし「敵軍を俺らで全滅させてやろうぜ!!!」

とか大声で叫んだりして士気を上げたり頑張っていた。

スポンサーリンク



騎馬戦の作戦、戦術

騎馬戦の作戦、戦術は先生が決めた。

それにしても何でも決めたがる先生だ。

(少しは俺らに決めさせろよ)

 

絶対に相手のチームに負けたくないのであろう。

相手のチームの先生と仲が悪いのであろうか?

 

騎馬戦の知識が有るのか無いのかしらないが、

俺らは側面から回り込み、敵将の大将を横から狙い撃ちするという任務を任せられていた。

 

まぁまぁな大役だ。

 

騎馬戦の練習試合

そして騎馬戦の練習試合が始まった。

 

「攻め込むぞ!!!」

小野田の咆哮と共に、我らは走り出した。

 

肩の上のハットリ君もはりきっている様子。

 

!?

 

な、なんだコレは!?

 

突如、俺の手のひらに凄まじい【ぬめり】を感じた。

 

ギャッ!!!

 

 

小野田が信じられないくらい汗かいてる!!!

 

背中一面が滝みたいになってる!!!

 

そして、小野田の手のひらも汗まみれ。

 

 

「うわぁあああああ!!!」

 

俺たちの騎馬は崩壊した。

 

俺たちは、ただ走っているだけで崩壊したのだ。

 

「おい、どうしたんだ皆!!!」

小野田が咆哮した。

 

「どうしたんだ!じゃねーよ! どんだけ汗かくんだよテメェ!!」

 

俺は叫んだ。

 

そして右側の男子も叫ぶ

 

「こんなに汗かかれたら、騎馬なんて組めないよ! 汗を止めてくれよ小野田君!!!」

 

こいつも無茶苦茶な事言ってるwwww

 

「俺汗っかきなんだよね」

 

「今更かよ!!」

小野田以外の三人が同時に叫んだ。

 

「おい、こんなんじゃ本番も絶対落馬するぞ。ポジション変えた方が良いんじゃないか?」

 

「大丈夫、汗を抑えるスプレー持ってるからよ!」

小野田は自慢げに言った。

なぜ今日スプレーしてねぇんだコイツは。

スポンサーリンク



運動会当日の騎馬戦

そして、運動会当日がやってきた。

 

全身にスプレーをほどこしてきたと言う小野田。

準備満タンだと言えよう。

 

「さぁ!大賞首を俺らで獲るぞ!!!」

 

小野田は大声で叫んだ。

 

俺たちの騎馬は30秒で崩壊した。

 

 

「すべる! すべるよ! 小野田君! 汗が噴き出てるよ! 全く変わってないよ! 汗を止めてよ!!」

 

完。

スポンサーリンク



騎馬戦
最新情報をチェックしよう!