面白い話【電車内で絡んでくる不良の先輩に対する行動】もち実話です

ま! ドスケンです。

本日は面白い話を一つ投下します。

(自分で面白い話と言うとハードルが上がりますが、Googleの検索結果の為に面白い話って言うしかありませんw)

 

あなたにも嫌な不良の先輩って居ましたよね?

そんな、どこにでもいる嫌な男へ行った僕の行動の話です(笑)

 

ひっひぃいい!!

 

スポンサーリンク



面白い話【電車内で絡んでくる不良の先輩へやった事】衝撃実話!

これは僕が高校一年生の時の話になります。

僕が入学した高校は、実家から遠く、直線距離で15キロくらい離れていました。

(遠っ!!)

なので、自転車→電車→市電→徒歩

という、凄まじく長い工程を経て、高校へ通っていました。

 

今振り返っても、絶対に嫌な工程ですね(笑)

 

その第二工程に問題があったのです。

 

夏くらいから電車内に中学のアホで有名な不良のマゲ先輩が居たのです。(仮名)

 

 

マゲは高校になんて行ってませんから、私服です。

なんの為に電車に乗っているのかは分かりません。

なん夏の終わりくらいからダウンを着ていたのを覚えています。

(多分自分を大きく見せようとしているのです)

 

 

久しぶりに先輩を見た時に「げっ! あのアホの先輩が居やがる!!

 

僕はそう思いましたw

 

 

しかも電車から降りる時に、アホが僕に絡んできたのです。

なぜ降りる時なんだよ。邪魔だろうが!!

 

「おい、先輩を見たらちゃんと挨拶しろよ!!!」

 

物凄い恫喝するような眼で僕を睨んで居ました。

 

マゲちゃんは、サメの目で睨んでた♪

マゲちゃんは、サメの目で睨んでた♪

 

謎のリズムが頭の中を流れました。

 

「は、はーい」

 

みたいな事を言って、その場を後にしました。

 

息が臭かったです。

 

ムカつく先輩にとった行動

 

それから数日後の朝。

 

僕はいつも通りに電車に乗っていました。

今日は他の高校に通う友人と偶然会い、一緒に座っていました。

 

すると、隣の車両から、偉そうに歩いて来るダウンを着た男が現れました。

指には沢山のドクロの指輪をつけています。

 

なんだ、このイカレファッションは?

 

 

マゲ先輩でした。

 

マゲ先輩は僕の方をチラっと見ました。

 

僕は友人の方を向き、【話しているので貴様は見えておらん】という姿勢をとっていました。

 

なにより友人に、このアホな先輩と話している所を見られたくなかったのです。

 

指にドクロを沢山つけている知り合いなど、僕には必要ないからです。

 

 

そして、目的の駅につき、友人と電車を降りると、なんとマゲが付いてきたのです!!!

 

そして、僕の前に立ち、胸倉をつかんできました。

 

「先輩に会ったら挨拶だろぉが!!!」

 

もんの凄い息が臭い!!!

 

凄い、グラグラ揺らしてくるので、超ムカつきました。

 

友人も心配そうに僕を見ています。

 

「おはようございます!!!」

 

僕は大声で叫ぶと、頭を思いっきり振ってオジギをしました。<(_ _)>

 

 

僕の頭が思いっきりマゲの顔面に炸裂しました。

 

 

「ギャーっ!!!」

 

「挨拶しましたっ!!!」

 

「どどどドスケン、てめぇ!!」

 

僕と友人はダッシュで逃げました。

 

僕の制服のボタンが二つも千切れていました。

 

僕は次の日から自転車通学に切り替えました(笑)

 

その半年後、通学中にマゲが原付に乗って目の前に現れたのは、また別の話。

 

 

以上ドスケンでした!( *´艸`)

 

 

電車で絡まれたシリーズはこちら↓

笑える怖い話【電車で隣に座ったオタクが突然】短編の実話。

 

 
スポンサーリンク




 

最新情報をチェックしよう!