人間の怖い話を短編でどうぞ【刺青オジサンの大事な子供】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は実話の怖い話をしていきます。

 

怖いと言っても、心霊とかオカルトとかではなく、人間の怖い話になります。

こんな目に自分があったらどうしますか?

 

考えながら読んでみて下さいネ!

スポンサーリンク



人間の怖い話を短編でどうぞ【刺青オジサンの子供のカード】

話した事があるかどうかは分かりませんが、僕のオジサンは超怖いです。

(親父の兄貴)

 

 

絵は描きませんが、顔は親父と同じ顔なので、こんな顔です↓

 

 

これの、鬼ぞりアイパーバージョンだと思ってもらえれば大丈夫です。

(何が大丈夫なんだよ)

 

そして、全身に刺青をほどこしていると思われます。

(裸は見た事ありませんが、服を着ていても見える所で言いますと、手首に数珠の入墨、全部の指の付け根に漢字が彫ってあるので、全身にあるのは間違いないでしょう)

 

でも身内には優しいオジサン。

(身内以外には知りません)

そんなオジサンの話になります。

 

 

ちなみにこの話はオジサンの子供と嫁から聞きました。

(オジサンは50歳とかで再婚しているので、子供が凄い小さいのです)

 

スポンサーリンク



オジサンの子供がムシキングのカードの順番待ちをしていた

どこかのショッピングセンターで、オジサンの子供がムシキングのカードを買おうと、並んでいたそうです。

(100円入れて回す奴かな)

 

やっとオジサンの子供の番だ!!

ってなった時に、前の子供が二回連続でカードを回したそうです。

(並んでる子供の中で一回ずつって暗黙の了解があったそう。分かりますよね?)

 

すると、その二回連続で回したカードの中に、ムシキングのキラキラレアカードが入っていたそうなんですよ。

 

 

大喜びする二回連続の子供に対し、本来は自分がキラカードを手に入れるはずで悔しすぎるオジサンの子供は、その場で泣いてしまったそうです。

(小学校一年生です)

 

 

すると、そこに現れたのが、オジサンです(笑)

 

もうこの時点で嫌な予感しかしませんよね。

 

オジサンは、二回連続少年に「おいボウズ。お父さんは居るかい?」

 

「あっちに居るよ!」

 

「ちょっと呼んできてくれるか?」

 

 

二回連続少年が父親を連れて戻ってきます。

 

 

父親同士の話し合いで、キラカードの行方はどうなったか。

それはここには書きませんw

 

しかし、貴方ならどうしますか?

 

 

我が子に呼ばれて行った先に、全身入墨の強面のアイパー鬼ぞり男。

全身入墨というオプションだけでもキツイのに、強面、アイパー。鬼ぞり。とオプションが付属されすぎです。

まさに人間界のキラカードです。

 

自分の事なら謝って良しですが、子供の事です。

 

確かに二回連続で回した子供が悪いので、そこを注意してカードを諦め差す事は可能ですが、自分の子供に腰抜けの親父と思われてしまうかもしれませんw

 

これはマジで深刻な問題です。

 

僕なら「子供の問題に親が出て来るな!」と言ってしまうかもしれませんw

えらいことになりそうですけどw

 

って事で、もし自分の身にふりかかったら超怖いだろうなって話でした。

 

人様の迷惑にならないように生きる事って本当大事だと思いますね!

子供にもそう教育しようと思います。

あと、初対面の人に舐められないように筋トレで圧倒的な筋肉をまとう事も必要ですね。

 

それでは本日はコレでおしまい!

以上DOSケンダラァでしたっ!!

 

 

 

人間の怖い話、他にも書いています↓

人間の怖い話を短編でどうぞ【ファミレスの入口に体操座オジサン】

人間の怖い話を短編でどうぞ【信じられない!恐怖の目玉焼き】

 

スポンサーリンク