爆笑の渦を巻き起こす最高の友人との面白い話【フランダースの犬】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は【爆笑の渦を巻き起こす最高の友人】シリーズの投稿になります。

 

いっちょ笑ってやってくださいw

このシリーズは自分で見返しても笑ってますからねw

 

 

サムネイル画像で分かると思いますが、ゴボウが出てくる話です。

スポンサーリンク



爆笑の渦を巻き起こす最高の友人との面白い話【フランダースの犬】

学生時代の話です。

 

僕は意味もなく夜中に出歩き、ウロウロするのが好きでした。

たまり場は金山駅で、夜の街が大好きでした。

きっと狂っていたんだと思います。

 

 

そんなこんなで、その日も夜更かしをしていると、いつの間にか朝になっていました。

 

眠れない僕はテレビをつけました。

 

すると、朝早くなのにアニメがやっていました。

 

「なんだこのアニメ。ハイジかな?」

 

 

特にやる事のなかった僕は、アニメを食い入るように見ました。

その集中力ったら目を見張るものがありました。

 

 

でも、いつまで見ていてもハイジはおろか、ペータすら出てきません。

なんなのこのアニメ?

 

え!?

 

これフランダースの犬やん!!

 

そう、僕が見ていたアニメはハイジではなかったのです。

 

一話見終わる頃には、完全にフランダースの犬にハマっている僕が居ました。

なにこのアニメ。

めっちゃ面白いやん!!

 

主人公のネロが超良い奴すぎて泣けてきます。

コレを見ていると、本当に自分が最低な人間に思えてきましたwww

 

テレビガイドを見ると、土日以外毎日放送しているようでした。

(そう、僕は昔テレビガイドを買う程のテレビっ子だったのですw)

 

フランダースの犬が生活の中心に

 

それからと言うもの。

僕は毎日早起きをしてフランダースの犬を見るようにしました。

 

うぉおおおおお。

なんたるアニメ。

今まで知らずに生きていた自分が恥ずかしい。

 

キョガイトって何?

オイモって何?

 

そう思う程でした。

 

 

フランダースの犬が放送されない土日は生きる楽しみが無い!!

そう感じる程でした。

 

 

友人と夜更かしをしている時の事

 

そんなフランダースの犬中心の生活を続けて居たある日。

 

僕はゴボウと深夜に金山駅に溜まっていました。

 

深夜二時だか三時だかに、疲れてアパートに戻りました。

 

しばらく語り合ったりゲームをしたり格闘をしたりしていると、ヤバイ事に気づいたのです。

 

はっ!!!

 

 

もうすぐフランダースの犬が始まるじゃねーか!!

 

 

 

ヤバイ!!

 

はやくこの腐った生物を家に帰さなくては!!!

 

俺の生きる糧が奪われてしまう!!!

 

「なんか疲れたなぁゴボウよ。お前、明日も学校だろ。そろそろ帰った方が良いんじゃねーか?」

 

「いや、大丈夫よ。今日は遅いから泊っていくよ」

 

ゴボウは鼻くそをグリングリンとほじりながら言いました。

 

 

ふざけんなコイツ!!!

 

フランダースの犬が始まるんだよ!!!

 

帰れボケガァ!!!!

 

帰れソレントへ!!!

 

 

「いよぉ!! 南無! 沖縄! 琉球空手!!!」

 

ゴボウがまたもや琉球空手を繰り出しています。

 

ふざけやがって!!

 

「ドスケン、格闘しようぜ!!」

 

ゴボウがファイティングポーズをとり、フリッカージャブを出すぞ出すぞと言わんばかりに腕を振っています。

 

「いや、今は良いよ。今やったら君が、この世から消えちゃうから」

 

「なんだと貴様ー!!!」

 

ゴボウがベジータの様にキレました。

 

「深夜にやかましい!! 静かにしろ!!!」

 

僕が冷徹に言うと

 

「        」

 

 

「こら!! 口パクで沖縄琉球空手って言うな!!」

 

「        」

 

 

駄目だ。コイツに関わっている場合ではない!!

もうフランダースが始まる!!

 

 

TIME IS COME!!

 

 

く、くそーっ!!!!

 

 

続きますww

 

 

続き書きました↓

爆笑の渦を巻き起こす最高の友人との面白い話【フランダースの犬2】

 

 

スポンサーリンク