日焼けサロン体験記【タンニングの流れを初めて行く人の為に全行程紹介】

日焼けサロンに初めて行く人に見て欲しい

ま! DOSケンダラァです。

本日は日焼けサロンの体験記の記事をドロップします。

日焼けサロンに行った事ない人、初めて行く人はどんな流れなのか気になりますよね。

初めての事って、やたら不安になったりするものです。

 

そんな人の為にタンニングの流れを紹介していきます(^^)/

これを見ればシャイな人でも日焼けサロンに行くのが怖くないぞい!(^^)/

スポンサーリンク



日焼けサロンの流れを予約から会計まで全て紹介

あくまでも僕が通っている日焼けサロンの流れになりますが、どこもホボ一緒だと思います。

(僕は三か所行った事がありますが、どこも遜色ありませんでした)

ネットや電話で予約を入れる

まずは行きたい日焼けサロンに予約を入れます。

昔は電話が主流でしたが、今は大抵の店はネットで予約できるでしょう。

それぞれ店のホームページを参照して予約をして下さい。

 

日にちとマシンの種類、時間なんかを選びます。

 

これを見ている人は初めて行く人が多いと思いますので、間違っても強いマシンを選ばないようにしましょうw

最初は一番弱いマシンで、一番短い時間でオッケーです。

日焼けサロンの店に行き、焼き時間を伝える

そして予約した時間に、店に行きます。

出来る人間として5分前には着いていたいですね。

 

名前を言って、予約していた事を伝えます。

大抵の場合、少し早くてもそのまま入れる事が多いです。

ちゃちゃっと終わらしてしまいましょう。

 

店に入る時に靴をサンダルに履き替える店が多いです。

靴の盗難が心配な人は、高いスニーカーとか履いていかないようにしましょうねw

(こういう所はsecurityが甘いです)

日焼けサロンの店員は黒い?

ついでに店員に怖気づいてしまう人も居ると思うので書いておきます。

日サロの店員は別に黒くない人も多いですw

そして色白だからと恥じる事はないです。

別に舐められた李しませんw むしろ堂々としてやりましょうw

全身入墨の女の人が店員だったりもしますけど、別に良い人ですw

個室に入り、オイルを塗り日焼け前の準備をする

個室に入る時に「五分後にお願いします」と、日焼けマシンの電源を入れる時間を伝えておきましょう。

これはパターンがあり

●店員から五分後と伝えられる

●自ら時間を申告する(しないと店員が適当に入れる)

●自分で電源スイッチを入れる

●気合を入れる

 

と言った感じです。

まぁ時間は決まっているので、五分が妥当じゃないですかね。

10分とか言うと、何でそんな時間かかるねん! と思われそうですw

 

五分でやる事は以下です。

●服を脱ぐ

●全身に日焼けオイルを塗る

●水を飲んでおく

●日焼けマシンに入って待機

 

以上です。

五分あれば余裕で足ります。

実際僕は日焼けマシンに入って待機してからスイッチが押されるまで1分以上待ってる感じがします。

しかし4分と言うのはキリが悪いですし、間に合わなかった時に悔しいので5分で良いのです。

 

ちなみに、こちらは僕が最近使ってるホロホロジェル。

ちょい高めですが、よく焼けます。伸びも良いです。↓

日焼け開始

さていよいよ日焼けです。

マシンがうなりを上げ、青い光を放ちます。

 

目を絶対に空けないようにして、時間が来るまで待ちましょう。

じっとしてないで、焼きムラが出来ないように、中でクルクル回転しましょう。

(あまり早い動きで回転して機械を破壊しないようにw)

 

水分補給をする

僕は途中で一回水分補給をします。

 

20分の日焼けなら10分くらいで一度出て、水を飲んで一息ついてからまた日焼けマシンに入ります。

この小休止が大事です。

 

無理をせずに水分補給して焼きましょう。

日焼け終了、シャワーを浴びる

お疲れ様です。

日焼け終了です。

シャワーを浴びましょう。

 

日焼けオイルと汗で体がヌメヌメしているので、しっかりと流しましょう。

ただ日焼け後で肌はダメージを受けているので、ゴシゴシこすらなように注意が必要です。

手のひらで優しく皮膚をさするようにして、ヌメりを取りましょう(^^)/

 

まるで魚についたぬめりを取るような感覚ですね。

ただ、僕は魚のぬめりを取った事はありません。

鏡を見ながらアフターオイルを塗る

シャワーが終わったら日焼けアフターオイルを塗ります。

この時に鏡を見ながら日焼けを確認します。

(最初の数回は黒くなりませんけどねw)

 

この工程は日焼けサロンの全行程の中で一番大事です。

ここをしっかりやらないと肌はダメージを受けます。老化の原因。老化の原因。

大事な事なので二度言いました。

 

塗り残しがないように全身に日焼けアフターオイルを塗りたくりましょう(^^)/

着替えて帰る準備

アフターオイルを塗り終わったら着替えて、帰る準備をします。

オイル塗りたくってるので、出来ればジーンズとかは控えた方が良いです。

マジでベトベトジーンズは気持ち悪いです。

ドライ素材のハーフパンツとかがサラサラしてて良いですね。

上も同じでドライTシャツが良いです。

 

忘れ物が無いように気を付けましょう。

僕は日焼けオイルを忘れた事があります。後で電話しても無かったです。なんでだよ!悔しいです!

注意しましょう。

レジにて会計

レジにて会計です。

ただ金を払うだけなので、特に何も書く事はありませんw

しかし、金が無かった場合は一気に恐怖に変わるでしょう。金はちゃんと財布に入れるように。

 

レジの後、話が得意な人なら店員と世間話をしても良いでしょうw

「どう? 黒くなった?」と聞いてみましょう。恥をかきます。

水分補給をする

そして帰る前に水分補給をしましょう。

(画像は使いまわしです。なぜなら面倒だからです)

 

大抵水をサービスでくれたり、自販機があるはずです。

多めに飲みましょう。

水分補給は大事です。

家に帰ってからも日焼け肌の保湿を忘れずに

そして家に帰りましょう。

家に帰ってからも小まめに日焼けした肌にアフターオイルを塗って保湿をしましょう。

僕は二時間起きくらいに塗ってます。

寝る前にも縫って、朝にも塗ります。

それくらい保湿して丁度良いです(^^)/

 

水も沢山飲みましょう。

(またこの画像かよ)

 

以上が日焼けサロンの全行程になります。

参考になれば幸いです。

 

 

日焼けサロンの記事、他にも書いています↓よろしければどうぞ★

日焼けサロンで焼いてる時に何してる?オススメの暇つぶし方法を4つ紹介

日焼けサロンは裸で焼くものなのか?パンツは履かないのか?その疑問に答える

日焼けサロンで焼かない方が良い意外な場所を紹介【将来困らない為に】

 

以上DOSケンダラァでした( *´艸`)

スポンサーリンク