爆笑の渦を巻き起こす短編の面白い話【嘘だろ?太った友人の愚劣な行動】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァーです。

本日は爆笑の渦を巻き起こす最高の友人の面白い話シリーズの投稿になります。

 

今回登場するのは太った友人ベアー、そして間接的にオイモになります。

 

それでは早速書いていこうじゃないか。

スポンサーリンク



爆笑の渦を巻き起こす短編の面白い話【嘘だろ?太った友人の愚劣な行動】

これは25歳くらいの頃の話です。

 

その日、僕は夜中にベアーという太った友人と待ち合わせをしていました。

 

ベアーの事を知りたい人は、こっちの記事を先に見ると良いかも知れません。

信じられない話【10円単位で割り勘?ケチで見栄っ張りな友人の行動w】

 

僕はベアーとオイモと一緒に遊ぶ事はよくありましたが、ベアーと二人で会う事は滅多にありません。

なぜなら、二人だと何をしゃべって良いか分からないからです(笑)

 

そういう友人って居ますよね?

 

 

でも、その日は珍しくベアーと二人で会う事になっていたのです。

理由は忘れましたが、確か【豊橋に帰省してくるので、良いCDを聴かせてくれ】みたいな感じだったと思います。

 

まぁ良いでしょう。

そんな感じでしたw

 

 

この頃、ベアーは名古屋に住んでおり、僕は豊橋。

二人の距離は70キロくらい、車で100分くらいな感じの距離感です。

 

そして、オイモは岡崎に住んでおり、丁度名古屋と豊橋の中間地点にあります。

この中間地点の存在が、今回の出来事を巻き起こすのです。

 

 

ベアーと僕は夜中の23時に豊橋のラウンドワンの駐車場で待ち合わせをしていました。

 

僕は待ち合わせ時間には、早く行くタイプなので22時半には駐車場に着いていました。

僕のこの性格がベアーと合わない要因でもあるのですw(ベアーは遅刻してくる時が多い為)

 

 

30分もあり、暇だったので、オイモに電話をしてみました。

 

「ようオイモ、何してんだテメェ」

 

「おうドスケンか。今職場の友達と俺のアパートで遊んでんだよ」

 

「えっ! マジで!? お前、俺ら以外に友達居たのかよ!!」

*ギャグじゃなく、本気で驚きました。

僕ら以外に、こんなモンスターと付き合う奴が居たのかと反吐が出たのです。

 

 

「居るに決まってんだろ!! 馬鹿野郎!!」

 

「まぁ友達と居るんじゃ、失礼だな! 電話を切るわ。でも馬鹿野郎と言ったことは後生忘れんぞ」

 

「おう、さっきベアーからも電話かかってきたぞ。今からドスケンの所行くから、お前の所についでに寄るとか言って。今友達と居るからって断ったんだけどさ」

 

「そうかw あいつと同じ思考回路だったんだな。悔しいぜ。それじゃあな」

 

僕は電話を切りました。

友人と居るんじゃ仕方ありません。

 

 

仕方ないので携帯小節を書いていると、いつの間にか23時になっていました。

 

あの野郎、来てねぇじゃねーか!!

 

ベアーにメールを送ってみますが、返事がありません。

 

すると、ベアーから着信がかかってきました。

 

 

「シェイシェーイ!!! ベアーだしねーっ!! 今オイモさんの家に寄ったしねーっ!! そうしたら大平みたいな奴が居たしねーっつ!!!」

 

*大平とは高校の時の同級生の【青白い肌で、眼鏡をかけたカマキリみたいな男であります】

 

「おい!! お前なんで今オイモの家に寄ってんだ!?」

 

 

「寄りたかったんだし、ねーっ!!」

 

「おい、ベアー! オイモに代われ!!」

 

「シェイ!? 代わるし、ねーっ!!」

 

 

「おいドスケン、ベアーが来やがったぞ」

 

「来やがったぞ。じゃねーよ!! なんで俺と会う約束してるのに、ベアーが来てるんだよ!!」

 

「知るかよ! 俺に言うな!! マジで無茶苦茶だよアイツ!」

 

 

「おい、今すぐベアーにこっちに向かえと伝えろ!! そして、お前の友達の事を大平みたいな奴って言ってたけど、大平に似てんのか!?」

 

 

「ふざけんな! 大平だと!? 大平には全く似てねぇよ!! ベアーの野郎!! それは許せねぇ!!」

 

「おいフリーザ! ベアーに代われ」

 

「クソが! 代わるぞ」

 

オイモはベアーに電話を代わりました。

奴らの携帯はベアーとオイモが交互に使っているのですね。大層汚れている事でしょう。恐ろしい。

 

「おいベアー! てめぇ俺との約束時間を守らず、オイモの家に行ってるって事はよぉ!! 俺を舐めてんな!?」

 

「舐めてはないし、ねーっ!! すぐに向かうし、ねーっ!!!」

 

「おまえ本当覚悟しとけよ!!」

 

 

そんなこんなで、ベアーはこの出来事以来、数か月僕に無視される事になるのでした。

そして友人を大平と言われたオイモも、半年くらいの間、ベアーを無視する事になるのでしたw

 

そして、一番かわいそうなのは、何の関係もない大平なのでした。

 

 

(完)

 

 

爆笑の渦を巻き起こす最高の友人シリーズのまとめはこちら↓

爆笑の渦を巻き起こす最高の友人の記事まとめ【面白い話を見たいならココ】

 

以上DOSケンダラァーでしたっ!!