毎日更新!☚(꒪ټ꒪☚)

悲しい話【愛車のGT-Rを盗難された先輩】辛い実話

悲しい話を一つ。

 

本日は僕の大好きな最凶のパイセン、ヤバちゃんの話です。

孤高の鼻毛貴族ヤバちゃんの悲しいけど面白い話。

スポンサーリンク



悲しい話【愛車のGT-Rを盗難された先輩。泥棒の手口とは】

 

僕の会社では、朝に安全唱和をするんですよね。

当番制で毎朝一人。

 

例えば

「今日は雨で滑りやすいので、足元に注意しましょう。安全第一!!!!」

とか

「クレーンを操作する時は、ヘルメットの顎ひもをキチンと締めましょう。安全第一!!!」

とか、そんな感じです。

 

そして、今回は、最凶の先輩、ヤバちゃんの番だったんですよね。

 

次は、俺のターン!!!

って言わんばかりの鼻息あらい感じでしたね。

 

 

何を言うのかな? 面白い事言えよっ!!!

 

 

と思って居たところ、

ヤバちゃんが大声で言いました。

 

 

「昨夜は雨が降ってました。雨の夜は、車を盗難されやすいので気をつけましょう。

愛車が盗難されてしまいました!!! 安全第一!! 安全第一!! 安全だ

 

 

「いや、ちょっと待て!!!」

 

 

誰もが同じリアクションをとった。

 

「車パクられたんすかヤバちゃん!!」

 

「おう、朝駐車場見たら、車が無かったんだ」

 

なんで冷静なんだ、この人(笑)

 

愛車を盗難された男の悲劇

 

「警察は?ってか何で会社来てるんすか」

 

「今、親が対応してる」

 

 

良い年して親かよ!!!

 

 

 

ヤバちゃんは高級車、GTRをパクられてしまったのです。

なんたる悲劇。

 

許せませんね。

 

 

その後、ヤバちゃんは軽自動車を買い

「もう狙われるような車に乗るのは御免だぜ!

と爽やかに言っていました。

よく見ると、鼻毛は出ていました。

 

 

 

しかし、俺は知っている。

 

 

ヤバちゃんの車の中は、ゴミ屋敷状態なのだ。

 

助手席にはシートが見えないくらいのゴミが散乱しており、

後部座席にいたっては吸殻をダイレクトに捨てるという男気を見せているので、シートは穴と灰だらけなのである。

 

 

そんな状態の10年落ちの車を盗難して、一体何になると言うのか。

取った方も悲しい。

 

夜に盗んで、明るくなった時に絶句しているであろう。

盗る方も、きちんと下調べしてないのかな? と感じた僕であった。

 

以上ドスケンでした(^^)/

 

追記。この車は半年後くらいに大阪で見つかる事となる。

(スクラップ寸前)

悲しい話、もう一つどうですか?

悲しい話【小学校時代の美術の先生ブチ切れ事件】

 

スポンサーリンク



盗難
最新情報をチェックしよう!