護身術の本を読んでも無駄。実際には読んだ知識など何の役にも立たない件

ま! DOSケンダラァです。

本日は護身術の本についての考察をしていきます(^^)/

 

危険な世の中ですからね!!

護身術の本を読む方も居る事かと思います。

沢山出版されていますよね!

 

でも、そんな本を読んでもマジで何の役にも立たないよって事を紹介しようと思います(^^)/

これはギャグではなくマジで言っています(^^)/

 

スポンサーリンク



護身術の本を読んでも無駄。実戦では読んだ知識など何の役にも立たない件

危険な世の中です。

あらゆる所で色んなヤバイ事が起きています。

 

そこで護身術の本を読んで、もしバトルになった時に備えている人も居る事かと思います。

しかし断言して言います。

 

そんなのマジでクソの役にも立たないと!

 

 

護身術の本で、相手がこういう動きをしてきたら、こちらはこうする。

みたいな写真を紹介しているのをよく見ます。

 

そして最終的には男性の大事な所を狙えとか、凄まじい事が書いてあります(笑)

出来る訳ねーだろ!

 

本を見ただけで書いてある動きが出来る人など、ほぼ居ませんし、本をみただけで出来る人はそもそも護身術の本を読まなくても強いです。

そして大事な所をピンポイントで狙うなど練習してない人が出来るわけありません(的が小さすぎ)

 

 

僕は数多の狂った男に絡まれてきました(笑)

中には避けられないゾーンまで突入する事もありました。

 

そんな時、読んだ護身術の本が役に立ったことなど、一度もありません。

怒り狂った人間の動きは予測不能です。

 

大事な事なので、もう一度いいます。

護身術の本など一度も役に立ってません。

 

全く知らない相手が何をしてくるかなんて分かりませんし、慣れてない人は絡まれただけでパニックになり、立ち尽くす事でしょう。

相手が複数の場合もあります。

もはや全力ダッシュで逃げるしか道はありません。

では、どうしたら良いか?

スポンサーリンク



護身術の本を読むよりやる事

護身術の本を読むよりやる事は、

●危険な場所に行かない事。

●争いごとが起きる前に察知する事。

●もし起きても逃げれるなら逃げる事です。

 

よく中学や高校の夏休み前に、校長先生とかが、「夜中に出歩かないように」とか言うじゃないですか。

当時は意味が分かりませんでしたが、まさにそういう事なのです。

 

そして、訳の分からない護身の本を読むよりも、筋トレをしていた方がよっぽど良いです。

この事は僕の好きな路上の格闘漫画ホーリーランドにも書かれており、本当にその通りだと思います。

 

(単純に力が強いと強いですし、そもそも誰でも良いやと言う人には絡まれなくなります。ボブ・サップに絡む人は少ないでしょう)

 

僕は護身術の本を読む意味はないと言いましたが、格闘シーンじゃなく、争いを避けるための事が書かれている本や、危険な場所を教えてくれるような本は読む価値はあります。

 

基本ですが、大声で「火事だ!」と叫ぶと人は出てきやすいとかね。

 

あくまでも、護身術の本を読んだだけでは、技を使うのは無理だよって事です。

 

ただ、500回くらい繰り返し練習すれば使える技もあります。

胸倉をつかまれた時の対応くらいは覚えて、友達と練習すると良いかもしれません。

 

護身術というものは、何度も何度も繰り返してやる事で、やっと身に着くものなのです。

 

僕は胸倉をつかまれた時の練習はマジで凄いやりました(笑)

覚えた当時は、頼む、胸倉をつかんでくれ!!

と思っていましたが、そういう時に限って胸に一切触れてきません。

 

やっとつかまれたと思っても、左手で掴まれるのを想定していたら右手で掴んで来るし、中には両手でもち上げて来るような奴もいるので、やはり難しいです。

 

って事で、無用な争いに巻き込まれる事なく平和に過ごしましょうね。

そして、もしもの時に備えて筋トレをしましょう(^^)/

 

僕のオススメの護身術の本より役立つ漫画はこちら↓

 

 

よろしければ、こちらの記事もどうぞ↓

ヤンキー、不良に絡まれないようにする為の8つの方法【恐喝を未然に防ぐ】

 

 

以上DOSケンダラァでしたっ(^^)/

スポンサーリンク