爆笑の渦を巻き起こす長編の面白い話【最強のギャング2-鼻穴BIG】

本日は爆笑の渦を巻き起こす最高の友人シリーズの投稿になりまBI

最強のギャング?編の続編です。

 

 

第一話を読んで居ない人は、こちらを先に読んで下さいネ↓

爆笑の渦を巻き起こす最高の友人との面白い話【最強のギャング?】

 

それでは早速書いていきますよ!!

目標時間は30分です(笑)

スポンサーリンク



爆笑の渦を巻き起こす長編の面白い話【最強のギャング2-鼻穴BIG】

オイモとベアーの共通の友人、ハモルを見てから一か月後。

 

僕ばオイモとベアーと共に、一泊二日の旅行をする事になり、車で向かっていました。

行先は、またしても京都です。

 

珍しくベアーがドタキャンをせずに、定時に待ち合わせ場所に来ました。

(ドタキャンをしまくる事で有名な太っちょの男なのです)

 

運転もベアーで、旅館もベアーが予約してくれました。

(当時の旅館の予約は、今みたいにネットでホイって感じじゃなく、電話をかけて予約なので面倒なのです)

 

この気遣いが、逆に怖かったのを覚えていますw

 

 

 

 

楽しそうに運転するベアー。

なんだか好青年に見えます。

 

ベアーの顔をじっと見ました。

ニコッとしています。

 

なんだか分かりませんが不吉です。

 

 

オイモの顔をじっと見ました。

ニコッとしています。

 

なんだか分かりませんが不潔です。

 

 

窓の外に、得体のしれないデカイものがありました。

 

何だか分かりました。オケツです。(オバはんの超デカいケツ)

 

思えば、僕はこの時からデカイケツが嫌いになったのかもしれません。

 

 

ちなみにハンドルはベアー。

助手席はオイモtheフリーザ

後部座席に僕です。(リクライニング)

 

 

ベアーは、まだ独身だったのにノアに乗っており、凄く後部座席の乗り心地が良いです。

ファミリーカーはよくできています。

リラックスできます。

 

ゴボウが乗っていたアキュラとか、サバーバンとは大違いです。

 

車の中で暇だった僕は、爆発的な音で屁を炸裂させたり、ゴロゴロしたり、オイモの首筋に息を吹きかけたりしていました。

しかし、オイモとベアーは得体の知れない話に花を咲かせ、盛り上がっており、ちっとも相手にしてくれませんでした。

 

 

必ず目に物を言わせてやる!!

 

そう思いましたが、眠くなってきたので眠る事にしました。

 

 

すやすやと可愛い顔で寝ていました。

 

英国の人が見たら、「OH! angel!!」と言う事でしょう。

 

 

すると、僕のギャグポイント【大津】に着こうとしていたようで、オイモが奇声を発してきました。

 

 

「おいドスケン、大津だぞ!! いいのか? 大津だぞ!!」

 

 

 

いつもなら「両津!!」と言って、大原部長の真似をして大声を出すポイントですが。僕は安眠を妨害された怒りと、それまでにコツコツと貯蓄された怒りにより、「あっそうなの」と冷めた返事をしましたw

 

「そうなんだ」

オイモは寂しそうに言いましたw

 

ベアーは俺らを無視して太っています。

 

 

「なんか面白い話はないのかよドスケン?」

 

オイモが生意気な口調で言ってきます。

 

「そんなに笑いたいなら手鏡を買って、常に持ち歩けよ」

 

「てめぇ!!!」

 

 

「特に斜め下から見れば笑えるんじゃないかな? ハナアナビーアイジーだからさ!」

 

「ててててめえっつ!!!」

 

オイモは「てめぇ」に抑揚をつけて言ってきました。

演歌歌手かよ。

 

 

続きます(書いていると次々思い出して全然本編に突入できないwww)

 

続きはこちら↓

爆笑の渦を巻き起こす最高の友人との面白い話【最強のギャング?2】

長編の面白い話、笑える話のまとめはコチラからどうぞ↓

長編の面白い話、笑える話のまとめ【全部実話の超絶エピソード集】

また明日も見て下さいネ(^^)/

スポンサーリンク