爆笑の渦を巻き起こす最高の友人との面白い話【ジョインテッドホーミー】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は【爆笑の渦を巻き起こす最高の友人】シリーズを書いていきます。

 

今回は、最高の組み合わせ。

最強の男ヤンジュと、最凶の男ゴボウの話になります。

(二人の話を読んだことが無い人は、一番下にリンクを貼ってありますので読んでみて下さい)

 

スポンサーリンク



爆笑の渦を巻き起こす最高の友人との面白い話【ジョインテッドホーミー】

これは20歳前後の時の話です。

普段名古屋に住んでいる僕ですが、ゆっくりしようと思って実家の豊橋に帰っていました。

学生とは言え、たまにはゆっくりしたくなるのです。

それが世の常です。

 

そこに一本の着信。

 

着信:ゴボウ

 

「やっぱりゴボウだ!! 一体なんなんだ!? なぜこいつは帰省すると電話してくるんだ!?」

 

「私だ」

僕は電話に出ました。

 

「私だ。って電話に出るのは辞めろ!クラピカの真似をするな! 何やってんだ? 遊ぼうぜニガー!?」

 

「誰がニガーじゃ! 俺はイエローソルジャーだ! 今豊橋だから遊べないぞ」

 

「あっそりゃ良い偶然だ。俺も近いうちに豊橋に行こうと思っていたんだ。実家に用があってね。あっこりゃラッキー!」

*ゴボウも実家は豊橋。

 

 

「今から豊橋にすぐに向かうから、夜中にゲーセンで落ち合おうぜ」

ゴボウは電話を切りました。

 

僕は豊橋に帰って来て、早速ゴボウと遊ぶ事になったのです。

全然ゆっくりできねぇ。

 

 

そうだ。せっかく地元の豊橋なんだし、ゲストを呼ぼう。

 

僕は、ある男に電話をかけました。

 

 

プルプルプルプル。

プルプルプルプル。

 

中々電話に出ません。

こいつは、中々電話に出ない男なのです。

 

 

ちっ!

メールを送っておくか。

 

そう思った瞬間、奴は電話をかけ返してきました。

 

ナイス!!

珍しくナイス!!

 

「私だ!」

 

「なーん! 私だ! じゃねーよ!! 何の用だドスケン!? 用が無かったら許さんぞ!! ななーん!!」

 

 

そう。電話の相手はヤンジュ。

ターミネータばりの危険な男。

用がないのに電話をすると許さない男なのです。

 

ちなみに僕の知り合いの中では最強の男です。

 

「ようヤンジュ! 今日豊橋に居るから遊ぼうぜ」

「いやだぞ! 俺は疲れているんだ! ななーん!!」

 

ヤンジュは直ぐに【疲れた】と言うのです。

ななーん!! とか言ってるから疲れるんだろ。

 

「駄目だ! 疲れているくらいでは俺の誘いは断れん!! 良いから遊ぶんだ!!」

 

僕は電話越しに叫びました。

ヤンジュを誘う時は、これくらいの強引さが必要なのです。

 

 

「分かったわ。おまえの車嫌だから、俺がセルシオで迎えに行くわ。ななーん!!」

 

「セルシオを強調するんじゃねぇ! じゃあ、頼むね」

 

こうして僕は、最強の男と、最凶の男を引き合わせる事となったのです。

 

 

続きます。

もう少しで年明けですね。2019年を笑い収めて下さいね。

 

 

 

 

最強の男ヤンジュの話を見た事がない人はこちら↓

中学時代最強と呼ばれた友人の爆笑エピソードを惜しげも無く公開しちゃうね!

 

 

最凶の男ゴボウの話を見た事がない人はこちら↓

財布を拾った話①【中身は大金。どうする俺ら】

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!