自分の親がドリームキラーなのよ(プロ野球選手になれないと言う)

親がドリームキラー

ま! ドスケンです。

突然なんですけど(大体突然だけどさ)

知り合いの中学生に、超絶に野球を頑張っている中学生が居るんですよね。

俺は全然野球に詳しくないんですが、その練習量は凄まじく、

巨人の星的な勢いすら感じるんですよね。(親父さんも含めて)

 

小学校からクラブチームで野球をやっていて、今は中学生クラブチームに所属。

クラブチームも全国大会出場、全国ベスト4突破の華々しい戦績を残しているんですよね。

 

マジすげぇって!

 

高校は当然、野球の強豪校へと進む予定で、その子の親も、その子自身もプロ野球選手になると決めているんですよね。

 

スポンサーリンク



 

プロ野球選手になれると信じてる親子

プロの選手に1時間7千円でバッティングのコーチをしてもらい、

中学は陸上部に入り、走りを強化(短距離は中学校で2番目に速い)、左利きに矯正。

と、全てが野球の為に生活してるんですよね。

 

 

僕のような運動神経ゴミな奴は目指せない職業ですが、

運動神経ピカイチな奴が、恐ろしいほどの練習をして、

親がバックアップをして、金も時間も惜しまないという、最強の環境なんですよね。

 

 

僕もね、当然こいつは将来野球選手になるんだろうな、と思ってるんですよ。

今まで見たこともないようなタイプの中学生なので。

 

で、以上を自分の親が来ていた時に話したんですよね。

 

ドリームキラーは人の夢を根拠なく潰す

 

僕の親は、その子の頑張りとか、何も見ていない訳なんですが、こう言ったんですよ。

 

「野球選手なんて、そんな簡単になれんぞ」

 

 

僕は、出た! ドリームキラーだ!!! と思いました(笑)

 

まぁ、それが普通の感覚なのかも知れないですけど、

 

「そんな簡単になれんぞ」って、その子がやってるのは、【そんな簡単な練習量】じゃないですからね。

 

 

僕は自分の親に感謝もしていますし、大学行かせてもらって、ありがとうございますと思っていますが、

このドリームキラー的な所はマジで違うんじゃないの? と思います。

 

普通に生きるのこそ全て的な、日本人の思考。

 

そんな風に常日頃から言われていたら、画家や歌手、スポーツ選手とか特殊な職業につくのは、かなり難しくなってしまいますよね。

(それを振り切って進めるのは大人になってからですよ! 小学生で親を振り切って行動は現実不可能に近い)

 

親がドリームキラー
最新情報をチェックしよう!