ディップスをやると手のひらが痛い!そんな時はこのアイテムで対策ッ!

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は筋トレの話を書いていきます。

ディップスの話になります。

 

自宅トレーニングをしている人はチンニングマシーンでディップスを行っている人が多いと思うのですが、ディップスをやっていると手のひらめっちゃ痛くなる事ありませんか?

 

僕は30秒もやっていると手のひらに激痛が走るようになります。

マジで信じられんくらい痛いw

 

(細くて硬い棒を握って手のひらに全体重をかける事になるので、どうしても痛みが走るのです)

 

痛くてディップスが追い込めないので、グローブはめたりタオル巻いたりして筋トレを行っていたんですが、あまり改善されませんでした。

 

そんな時、あるアイテムをチンニングマシーンにくっつける事で、全く痛くなくなったのです。

これは革命のファンファーレだ!!

って事で早速紹介していきます!

スポンサーリンク



ディップス時の手のひらの痛みを無くすアイテム

そのアイテムとは、手首をバキバキにする時にダンベルにくっつけて使用するアイテム。

ファットグリップです。

 

こちらの商品になります↓

 

このファットグリップをチンニングマシンのディップスを行う部分にくっつけると、体重をかけても痛くないんじゃないかなと思いつき、セットしてみました。

 

 

なにこれ! カッコいい!ww

見た目も凄いパワーアップしてますよねw

なんかジムのディップスマシーンに近づいた気がします。

 

 

ファットグリップは金属の棒に比べて柔らかく(ぶよぶよではありません。ゴムタイヤみたいな触感)そして何より太い。

マジで握る為に存在するアイテム。

 

 

こんな感じで握って実際にディップスをやってみると……。

 

全く痛くない!!ww

 

これは凄い。

本当に良い感じ!!

 

もっと早く気づけば良かった。

これなら本当に痛くないし、トレーニングを追い込む事が出来ます。

 

 

筋肉がまだ疲労していないのに、手のひらの痛みで筋トレを継続できないなんてマジで損ですからね。

同じ悩みを抱えていた人は是非試してみてはどうでしょうか?

 

 

またグリップが太い事により、握らなくても、手のひらを乗せる感じでのディップスも出来ます。

握力が先に潰れる心配もありませんね。

筋トレはターゲットにしている筋肉以外を極力使わない事が大事ですので。

 

(逆に本気で握り込めば握力強化にもつながります)

 

 

ちなみに僕が購入したファットグリップは売り切れているので類似品を紹介します。

(僕のよりかなり安いw)

 

 

色も黒とか赤とかでカッコいいですね。ちくしょう。

こっちを買えば良かったぜ。

 

以上DOSケンダラァでしたっ(^^)/

 

スポンサーリンク