笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【男!工業の大学祭4完結】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

本日は長編の面白い話を投稿して行きます。

世の中が不景気な時こそ笑わないとね!

ではでは、

男の希望! 爆笑の工業の大学祭の話の続きになります。

 

この話を見ていない人は最初から見た方が笑えます↓

笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【男!工業の大学祭】




笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【男!工業の大学祭4完結】

今日の学園祭に全てを賭けている友人のタザン。

もし今日上手く行けば、女子大の人と仲良くなれるかも知れないからです。

 

淡い期待を抱き、彼女いない歴が生誕日数の男が徐々に近づいて来ます。

 

大事な日。

一体タザンはどんな服をセレクトしているのでしょうか。

 

 

ん!?

 

 

 

違和感を感じた僕は目を凝らしました。

 

えっ!?

 

フラミンゴも笑いだしました。

 

我慢をしきれずに吹き出しているようです。

「くぅーっ」

口から笑い声が漏れています。

 

 

タザンはTシャツを着ていました。

男一着。

Tシャツとジーンズのみのセレクト。

男気溢れる勝負です。

 

Tシャツのボディ部分には、大きくBodyとペイントされていました。

 

 

 

僕は大声で叫びました。

 

「ボデーィ!!wwwww こいつボディにBodyって書いてある!! ありえないぞ! マジかよ貴様!! それが一年に一度の勝負服なのかよぉおおおーっ!!!」

 

フラミンゴも「くぅーっ!!!!」と口から息を漏らしています。

どんな笑い方だよ。

 

 

しかし、タザンは全く笑って居ません。

多分マジな服だったのでしょう。

 

タザンのマジ服はBody。

 

そんなにBodyを強調したいのかコイツはw

 

 

僕とフラミンゴに笑われまくったタザンは傷心w

まさにブレイクンハート。今にも膝から崩れ落ちそうな感じです。

 

「……車で着替えてくるよ」

 

タザンは去っていきました。

着替えを持ってきているとは用意周到なヤツ!

 

「言い過ぎたかしら?」

僕は【のび太】が漫画の中でたまにオネェみたいな言葉使いになる時のようなセリフを吐き、フラミンゴに確認しました。

 

「全然良いだろ兄弟。あんな服で来る方が正気の沙汰かよって感じだぜ」

 

「よーう!」

そこにキムモーが現われました。なんとタイミングの悪い奴w

 

 

 

三人で話していると、キタサン、キョガイト、ヒデちゃん等々、続々と仲間が集まってきました。

 

皆で先ほどのタザンの話をしていると、遠くからタザンが歩いて来ました。

おっ、マジで着替えたんだ。Tシャツの色が違う。

 

「おう兄弟。タザンがお色直しをしてきたみたいだぞ」

 

「あぁ。アイルビーバックって小さい声で言いながら近づいて来てる気がするな」

 

「えっ!?」

 

全員が小さな声をあげました。

 

近づいて来るタザン。

 

 

だんだんとタザンの全貌が見えてきます。

先ほどと同じく、Tシャツ一枚男気の勝負の様です。

 

 

 

タザンは、めっちゃくちゃ。

あり得ないくらい、めっちゃくちゃシワだらけの服を着ていました。

 

「アイルビーバック」

 

タザンは自信に溢れた表情で言いました。マジで言ってやがったのか。

 

これじゃシュワちゃんじゃなくて、シワちゃんです。

 

「なんなんだ、そのTシャツは!! シワがありすぎて、もはやTシャツに見えんぞ!! ソフトボールくらいのサイズに丸めて収納してたのかよ!?」

 

「車に常に置いてあるTシャツなんだよ。有事の時の為に」

 

「それを着た事によって、今まさに有事になってるよ」

 

シワシワ爆裂Tシャツに、迷彩のズボン。

 

こいつは一体何処の戦場から帰って来たのでしょうか。

 

(完)

 

ちなみにタザンは36歳になった今も彼女は出来ていません。

恐ろしく長い戦闘期間ですね。

 

 

長編の面白い話はこちら↓

長編の面白い話、笑える話のまとめ【全部実話の超絶エピソード集】

 

スポンサーリンク